【カラールックアップ】ワンクリックでヴィンテージ風写真に変える

【カラールックアップ】ワンクリックでヴィンテージ風写真に変える【1】

【Photoshop基本操作】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「Instagram(インスタグラム)」のような機能がPhotoshopにも搭載されています。それは[カラールックアップ]という色調補正ツールです。あらかじめインストールされたプリセットファイルを選択するだけで、写真がドラマチックな色調に変換できます。


さまざまな効果を把握しておく!
[カラールックアップ]は、メニューから選択するだけで適用できるので、とにかく、片っ端から設定を変えてみるのもいいですが、シャープ or フラット、暖色系 or 寒色系のように、効果の特徴で名前を覚えておくと、引き出しから取り出すスピードが速くなります。まず、お気に入りの効果を見つけておきましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
1   2   3   3   3

カラールックアップの適用方法

カラールックアップは、色調補正ツールのひとつです。ドキュメントの単独レイヤー、または選択範囲内に適用できるほか、調整レイヤーによる非破壊編集も可能です。ここでは、調整レイヤーの設定例をご紹介しましょう。
RGB画像を開く
[カラーモード]に[RGB カラー]が設定された素材画像を開きます。作例では、[幅:1280 pixel][高さ:1920 pixel][解像度:72 pixel]の画像を使用しています。
[Photoshop]操作パネル
[Photoshop]操作パネル

カラールックアップとは?

計算処理に基づいた色の配列(ルックアップテーブル)を適用して、統一したカラー調整を行うものです。画像処理の分野では「LTU」と呼ばれ、対象のドキュメントやアプリケーションによって形式が異なります。メディアに対して幅広く適用できるため、動画用の機能として活用されることが多いです。
調整レイヤーを作成する
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[カラールックアップ]を選択して、[カラールックアップ 1]を作成します。
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
[3D LTU ファイル]をメニューから選択する
[カラールックアップ]ダイアログで、[3D LTU ファイル]のメニューから、任意のプリセットファイルを選択します。ここでは、[filmstock_50.3dl]を選択しました。
[カラールックアップ]ダイアログ
[カラールックアップ]ダイアログ
各セクションのラジオボタンをクリックする必要はありません。
[カラールックアップ]が適用できました。
[カラールックアップ]適用例

[3D LTU ファイル]とは?

統一したカラー調整を行うために、計算式が記述されたプリセットファイルです。RGB各色のひとつの入力値に対して、ひとつの出力値を参照する「1次元LTU」では、たとえば、コントラストを強くすると彩度も高くなってしまうことがあります。RGB各色の3つの入力値の組み合わせに対して、3つの出力値の組み合わせを参照する「3次元LTE」では、たとえば、コントラストを強くしながら彩度を抑えることができます。[3D LTU ファイル]には、3dl、cube、cspというファイル形式(拡張子)があります。

カラールックアップの3つのセクション

[カラールックアップ]には、さまざまな3D LTU ファイル、またはカラープロファイルが用意されています。[3D LTU ファイル]、[抽象]、[デバイスリンク]といった3つのセクションがあり、それぞれのメニューから3D LTU ファイル、またはカラープロファイルを選択します。
[カラールックアップ]ダイアログ
[カラールックアップ]ダイアログ
新しい3D LTU ファイルを読み込む
各メニューの上にある[〜を読み込み]を選択すると、新しい3D LTU ファイル、またはカラープロファイルが読み込めます。読み込めるファイルは、look、3dl、cube、csp、iccの拡張子が付いたもので、[ファイル]→[書き出し]→[カラールックアップテーブル]を選択し、カラールックアップテーブルをエクスポートすると、[カラールックアップ]に適用できるプリセットファイルが作成できます。

昇順と降順で効果を逆転

[3D LTU ファイル]のセクションから、拡張子に[〜.cube]が付いたプリセットファイルを選択すると、[データの順序]と[テーブルの順序]を選択できるオプションが表示されます。
[カラールックアップ]ダイアログ
[カラールックアップ]ダイアログ
[RGB]の順序を降順の[BGR]に設定すると、たとえば、暖色系のものが寒色系になります。降順、昇順がそれぞれ設定できるので、組み合わせによって、まったく違う効果が作成できます。
[データの順序]と[テーブルの順序]を入れ替えた例
[データの順序]と[テーブルの順序]を入れ替えた例
ディザとは?
[ディザ]にチェックマークを入れると、グラデーションを限られた色のパターン(ピクセルドットで間引かれた粒子)にして、階調が段階的な縞状になってしまう現象「バウンディング」を防ぎます。
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   3   3

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です