【テクスチャ】ゼロからつくる!大爆発の炎

【テクスチャ】ゼロからつくる!大爆発の炎

大爆発の炎を増幅させる

[雲模様 1] を適用した [レイヤー 1] に、特殊な合成特性を持つ [雲模様 2] を適用して、大爆発の炎を増幅させます。適切な効果が出るまで、フィルター効果を繰り返すことがポイントです。
[雲模様 1] を適用 → [雲模様 2] を適用
[レイヤー] パネルで、[レイヤー 1] を選択します。
[レイヤー 1] を選択

[レイヤー 1] を選択
[ツール] パネルで、[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリックし、描画色にブラック、背景色にホワイトを設定します。
[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリック

[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリック
[フィルター] メニューから、[描画] → [雲模様 2] を選択して適用します。
[雲模様 2] を適用

[雲模様 2] を適用
[雲模様 2] とは?
[雲模様 2] を適用すると、ひび割れたような模様が現れます。[雲模様 2] は、[雲模様 1] と同様に、ランダムな斑点模様を生成しますが、対象画像に重ねた効果が適用されます。
効果は、描画モード [差の絶対値] で合成したものに相当し、その特性から、より複雑な階調の合成結果が生まれます。
[command (Ctrl)] + [F] キーを押して、[雲模様 2] の適用を繰り返します。
[雲模様 2] の適用を繰り返す

[雲模様 2] の適用を繰り返す
[レイヤー] パネルで、[スマートフィルター] の項目に、適用回数の [雲模様 2] が追加されたことを確認します。
[雲模様 2] が追加されたことを確認

[雲模様 2] が追加されたことを確認
大爆発の炎のテクスチャが完成しました。
大爆発の炎のテクスチャが完成

大爆発の炎のテクスチャが完成
効果を非表示にして選ぶ!
[スマートフィルター] の効果を非表示にすれば、前の適用結果に戻すことができます。方法は目アイコンをクリックするだけ。表示と非表示の組み合わせで、適用結果のバリエーションも増えます。
前面の効果を非表示

前面の効果を非表示
作例では、16回めの適用結果を採用しています。[雲模様 2] 適用回数によって、「大爆発の炎」はより複雑な結果になりますが、ランダムに生成される斑点模様の合成結果なので、必ずしも適用回数が重要なワケではありません。効果を非表示にして、最適な組み合わせを選びましょう。
前面の効果を非表示
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】ゼロからつくる!大爆発の炎
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

123

スポンサード リンク