写真をイラスト調に!ポップで丸いドットモザイク

写真をイラスト調に!ポップで丸いドットモザイク

ドット模様を作成する

[フィルター] メニューから、[ピクセレート] → [カラーハーフトーン] を選択します。[カラーハーフトーン] ダイアログで、[最大半径] に「29」pixel を入力します。
[ハーフトーンスクリーンの角度] のすべてのチャンネルに「0」を入力して、[OK] をクリックします。
[カラーハーフトーン] ダイアログを設定

[カラーハーフトーン] ダイアログを設定
タテヨコに整列したドット模様が作成できました。
75% グレーで塗りつぶし → [カラーハーフトーン] を適用
[表示] メニューから、[100%] を選択して、ドキュメントウィンドウの表示を 100% 等倍にして、作成されたドット模様を確認しましょう。
100% 等倍でドット模様を確認

100% 等倍でドット模様を確認
ドットの大きさの算出方法は?
作例では、ドットひとつの適切な大きさとして、直径 40 pixel + 隙間 1 pixel を想定しています。これが後に適用する [モザイク] の [セルの大きさ] です。丸いドットの密度は、塗りつぶしの描画色 [B : 25%] で、隣り合うドットの隙間が少し空きます。
[最大半径] と [セルの大きさ] の関係

[最大半径] と [セルの大きさ] の関係
[カラーハーフトーン] で設定した [最大半径] は、ドットの大きさではなく、ドットの中心から隣り合う (対角) ドットの中心までの距離の 1/2 (半径) です。なので、[半径] ではなく、[最大半径] という名前が付けられています。
ピクセルグリッドは幅、高さで表されますが、[カラーハーフトーン] の [ハーフトーンスクリーンの角度] が「0」の場合、ドットはタテヨコに整列しても、算出の対象となる隣り合うドットは、45°の対角線上になります。ここがややこしいところですね。
ドットは密度であり、対象画像の明度によって大きさも変わります。[モザイク] の [セルの大きさ] に当てはめると、対角線の距離が [カラーハーフトーン] の対象となります。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク