パッケージデザインをモックアップに貼る方法「消点 (Vanishing Point) の使い方」

パッケージデザインをモックアップに貼る方法「消点 (Vanishing Point) の使い方」

グリッドを作成する

[ 消点 ] で、パースの形を決める、前面グリッドを作成しましょう。前面グリッドは、4つのコーナーポイントで遠近法を適用します。分割線の数は、オプションバーで設定することができます。
グリッドを作成する

新規レイヤーを作成

[ レイヤー ] パネルで、[ 新規レイヤーを作成 ] をクリックします。
[ レイヤー 1 ] が作成されたことを確認してください。スマートオブジェクトには適用できません。
[レイヤー1]を作成
[ レイヤー 1 ] を作成
レイヤー名を [ rowland-milk ] に変更します。
レイヤー名を変更
レイヤー名を変更
新規レイヤーを作成!
[ 消点 ] は、変形した結果を、現在のレイヤーに出力します。背景や既存のレイヤーが選択されていると、そこへ上書きされてしまいます。必ず、新規レイヤーを作成しておきましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

前面グリッドを作成

[ 消点 ] で、パースの形を決める、前面グリッドを作成しましょう。[ 消点 ] を起動する前に、平面デザインのコピーと新規レイヤーが選択されていることを確認してください。
[ フィルター ] メニューから、[ 消点 ] を選択します。すると、[ 消点 ] が起動し、[ 消点 ] 操作パネルが表示されます。
[消点]を起動
[ 消点 ] を起動
[ 消点 ] 操作パネルで、[ 面作成ツール ] を選択します。初期設定
[面作成ツール]を選択
[ 面作成ツール ] を選択
4つのコーナーをクリック!
プレビュー画面で、モックアップ前面の、4つのコーナーをクリックします。クリックする箇所は、大まかでもかまいません。位置を修正することができるので、まずは、全体のバランスを優先してください。
4つのコーナーをクリック
4つのコーナーをクリック
前面グリッドを作成することができました。
前面グリッドを作成
前面グリッドを作成
[ 面修正ツール ] を選択します。初期設定
[面修正ツール]を選択
[ 面修正ツール ] を選択
表示倍率を大きくして、それぞれのコーナーポイントを、適切な位置に調整します。
ポイントの位置を調整
ポイントの位置を調整
少しはみ出させる!
左端、上端、下端は、少しだけ外側に調整します。このレッスンでは、モックアップ形状に切り抜くベクトルマスクを、あらかじめ、グループに作成しているため、その境界線をキレイにするには、平面デザインをはみ出させる必要があります。 はみ出させる幅は、できるだけ均一にしてください。

側面グリッドを作成

前面グリッドと、正しい遠近法が保たれる、側面グリッドを作成しましょう。側面グリッドは、前面グリッドから引き出すイメージで操作します。
右辺センターハンドルを、[ command ( Ctrl ) ] キーを押しながら、側面の右端までドラッグします。
側面グリッドを引き出す
側面グリッドを引き出す
側面グリッドの角度を調整!
側面グリッドは、初期設定では、角度 90° で作成されます。角度を調整したい場合は、右辺センターハンドルを、[ option ( Alt ) ] キーを押しながら、前面グリッドを基点として、回転させるようにドラッグします。
側面グリッドの角度を調整
側面グリッドの角度を調整
レッスンに使用している、牛乳パックのモックアップ形状は、角度 90°の立方体です。したがって、初期設定の 90°を適用します。操作の取り消しは、[ command ( Ctrl ) ] + [ Z ] キーを押します。
表示倍率を大きくして、それぞれのコーナーポイントを、適切な位置に調整します。
適切な位置に調整
適切な位置に調整
前面グリッドと、側面グリッドの調整ができました。
グリッドの調整ができた
グリッドの調整ができた
水平移動は要注意!
水平方向の移動は、全体の遠近法が調整されるので、少量の場合は、そのままの位置を、キープすることを優先してください。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク