【画像の合成】素材を選ぶだけ!空をドラマチックに変える方法【空を置き換え】

【画像の合成】素材を選ぶだけ!空をドラマチックに変える方法【空を置き換え】

空の調整

[空を置き換え] ダイアログで、[空の調整] セクションの [明度] に「-50」を入力します。
[明度] に「-50」を入力

[明度] に「-50」を入力
元画像のトーンに合わせて、空を暗くすることができました。
空の明度を調整 (初期設定) → 空の明度を調整 (変更)
明度は再編集できる!
[空の調整] セクションの [明度] は、調整レイヤー [明るさ・コントラスト] で行われています。レイヤーで出力すると、そのレイヤー構造が確認できます。
[カラーバランス] のプロパティで確認 → レイヤーで出力した [色温度] の調整箇所
[空の明るさ] が調整箇所にあたり、選択、または、調整レイヤーアイコンをダブルクリックすると、[プロパティ] パネルが表示されます。
[明るさ・コントラスト] は、色調補正ツールの中で最も低機能なので、詳細な調整を行いたい場合は、[レベル補正]、または、[トーンカーブ] に変更することをオススメします。
基本がわかる!色調補正の考え方
[空を置き換え] ダイアログで、[空の調整] セクションの [色温度] に「25」を入力します。
[色温度] に「25」を入力

[色温度] に「25」を入力
元画像のカラーに合わせて、空を黄色っぽくすることができました。
空の色温度を調整 (初期設定) → 空の色温度を調整 (変更)
色温度は再編集できる!
[空の調整] セクションの [色温度] は、調整レイヤー [カラーバランス] で行われています。レイヤーで出力すると、そのレイヤー構造が確認できます。
[カラーバランス] のプロパティで確認 → レイヤーで出力した [色温度] の調整箇所
[空の温度] が調整箇所にあたり、選択、または、調整レイヤーアイコンをダブルクリックすると、[プロパティ] パネルが表示されます。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク