【レタッチ】老人を20歳くらい若返らせる方法【スマートポートレイト】

【レタッチ】老人を20歳くらい若返らせる方法【スマートポートレイト】

【Photoshop基本操作】機械学習テクノロジーを使用する [ニューラルフィルター] は、さまざまな驚くべき効果を簡単に適用できます。人物の表情を変える [スマートポートレイト] は、変形という枠を超えたフィルターで、元画像には存在しない新しいマップを作り出します。


おもしろフィルターを制御!
老人を子供にしたり、子供を老人にしたりするフィルターは面白いけど、あまり実用的ではありませんね。しかし、それほどのパフォーマンスがあれば、レタッチへの応用も容易く、また別の答えを導き出す手助けになります。[スマートポートレイト] の違和感を制御して、その可能性を探ってみましょう。

スマートポートレイトの使い方

これから行う操作は、[スマートポートレイト] を使って、老人を20歳くらい若返らせる方法です。[スマートポートレイト] は、[ニューラルフィルター] というフィルターカテゴリでリリースされた AI フィルターのひとつで、まだ未完成のベータ版です。
元画像 → 老人を20歳くらい若返らせる

スマートオブジェクトに変換する

[スマートポートレイト] は、元画像を保持するレイヤーやスマートフィルターで出力できますが、設定項目をまとめて再編集できる [スマートオブジェクト] に適用する方が活用範囲が広がります。
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1353 pixel]、[高さ:1920 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
photo by Wikimedia Images
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。
事前修正が効果的!
[肌をスムーズに] や [スマートポートレイト] はスゴイ機能だけど、大まかな修正を事前にしておくと、さらに効果が発揮できます。目立つシミやシワは、[スポット修復ブラシツール] で修正しておきましょう。
目立つシミやシワ → [スポット修復ブラシツール] で修正
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク