【画像の変形】人物ポーズを操り人形のように変える方法【パペットワープ】

【画像の変形】人物ポーズを操り人形のように変える方法【パペットワープ】

【Photoshop基本操作】[パペットワープ]を使えば、人物のポーズを操り人形のように変えることができます。しかし、身体に重なっている腕は動かすことができません。そんなときは、選択範囲でパーツに分け、部分的に適用しましょう。


自然な動きのテクニック!
[パペットワープ]の変形は自在ですが、人物に関してトリッキーな動きは禁物です。動かす部分と動かさない部分。関節に調整ピンを配置して、少しずつ変形を加えていくことと、調整ピンを回転させて、湾曲してしまいがちな関節部分を「くの字」に成形することがコツです。
ポーズを変えて自然な動きを加える方法
これから行う操作は、[パペットワープ]で人物のポーズを変える方法です。頭や手足など、胴体から独立した部分を動かすことは可能ですが、胴体と重なった部分は動かすことができません。作例では、胴体とくっついた腕を切り離し、自然な動きを加えることに挑戦します。
元画像→[パペットワープ]でポーズを変える
photo by modelpiece.com
腕の部分を選択する
素材画像をダウンロードして開きます。作例では、[幅:1200 pixel]×[高さ:1200 pixel]の[RGB カラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
切り抜きレイヤーが基本!
[パペットワープ]を使用する対象画像は、背景から切り抜いた透明ピクセルを含むレイヤーが基本です。選択範囲に適用することも可能ですが、切り抜きレイヤーでなければ、変形で移動した部分に穴が空いてしまいます。無背景の画像なら影響ない場合もありますが、オブジェクトの輪郭をトレースする手間は同じなので、あらかじめ、切り抜きレイヤーを作成しておきましょう。
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 0]を[新規レイヤーを作成]にドラッグして、[レイヤー 0 のコピー]を作成します。
[レイヤーの表示 / 非表示]をクリックして、[レイヤー 0]を非表示にします。
[レイヤー 0 のコピー]を作成
[レイヤー 0 のコピー]を作成
元画像を保護する!
元画像を保護するため、レイヤーを複製して保存しておきます。[パペットワープ]は、[スマートオブジェクト]に対応しているので、作例のように、切り離し部分や修正する箇所がない場合は、できるだけ活用するようにしましょう。
[ツール]パネルから、[なげなわツール]を選択します。
[なげなわツール]を選択
[なげなわツール]を選択
胴体に密着した腕の部分をドラッグして選択します。
腕の部分をドラッグして選択
腕の部分をドラッグして選択
密着した箇所は詳細に!
選択範囲の作成は、密着した胴体から腕の部分を切り離すように、詳細な境界線をドラッグします。その他の部分は、すでに透明ピクセルで切り抜かれているので、アバウトにドラッグしてOKです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
部分的にパペットワープを適用する
[編集]メニューから、[パペットワープ]を選択します。すると、選択範囲に[パペットワープ]のメッシュが表示されます。
[パペットワープ]のメッシュが表示される
[パペットワープ]のメッシュが表示される
オプションバーで、[密度]に[標準](初期設定)を選択します。
[密度]に[標準](初期設定)を選択
[密度]に[標準](初期設定)を選択
メッシュの領域内をクリックして、調整ピンを設置します。
メッシュの領域内をクリック
メッシュの領域内をクリック
他の調整ピンで可動をブロック!
選択された調整ピンがトップ(可動)となり、他の調整ピンは動かないアンカー(不動)となります。調整ピンの可動は、メッシュ全体に影響を与えるので、動かしたくない部分がある場合は、3点以上の調整ピンを設置しましょう。メッシュの変形が緩和されます。
調整ピンを2点設置した場合→アンカーまでの範囲が変形する
調整ピンを3点設置した場合→アンカー2点間の変形が緩和される
作例の場合、動かしたい部分は腕の肘から先なので、基本構成を肩、肘、手首の関節部分とし、胴体と腕の境界を動かしたくないため、さらにアンカーとなる調整ピンを加えて、変形の影響を受けないように補強しています。
手首に設置した調整ピンをドラッグして、密着している胴体から腕を離します。
調整ピンをドラッグ
調整ピンをドラッグ
自然に折り曲げるための移動!
調整ピンをドラッグすると、隣接するアンカーまでの画像が変形します。関節を折り曲げるなどの操作は、通常は調整ピンの回転だけで行えますが、ここでは少し「しなり」を加えた自然な動きを表現するため、あらかじめ腕の末端を移動しておきます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
調整ピンを回転して緩和する
腕の肘部分に設置した調整ピンをクリックして選択します。
調整ピンをクリックして選択
調整ピンをクリックして選択
[option(Alt)]キーを押します。すると、回転用のガイドが表示されます。
[option(Alt)]キーで回転用のガイドを表示
[option(Alt)]キーで回転用のガイドを表示
[option(Alt)]キーを押しながら、反時計回りに約10°ドラッグします。
[option(Alt)]+ドラッグして回転
[option(Alt)]+ドラッグして回転
[enter(Enter)]キーを押して、パペットワープの変形を確定します。
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。胴体に密着した腕を動かすことができました。
胴体に密着した腕を動かすことができた
胴体に密着した腕を動かすことができた
キー操作の注意!
調整ピンを回転するときに用いる[option(Alt)]キーは、選択していない調整ピンをクリックで削除する場合にも使用できるので注意しましょう。選択した調整ピンを削除するには、[delete(Delete)]キーを押します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
変形した腕を修正する
[ツール]パネルから、[スポット修復ブラシツール]を選択します。
[スポット修復ブラシツール]を選択
[スポット修復ブラシツール]を選択
オプションバーで、[クリックでブラシオプションを開く]をクリックして、[直径]に「4 px」を入力します。
[種類]に[コンテンツに応じる]をクリックします。
[種類]に[コンテンツに応じる]をクリック
[種類]に[コンテンツに応じる]をクリック
胴体と腕の接合部分にできた亀裂をドラッグして、透明ピクセルが残らないように修正します。
[スポット修復ブラシツール]でドラッグ→接合部分にできた亀裂を修正
[ツール]パネルから、[消しゴムツール]を選択します。
[消しゴムツール]を選択
[消しゴムツール]を選択
胴体からの切り抜きで歪になった部分をドラッグして修正します。
[消しゴムツール]でドラッグ→歪になった部分を修正
透明ピクセルを残す修正!
[パペットワープ]による変形は、透明ピクセルを含む単体のレイヤーで適用することが効果的です。修正部分の内側は塗りつぶし、オブジェクトの外側は透明ピクセルをそのまま残しておく必要があります。
全体に調整ピンを設置する
[編集]メニューから、[パペットワープ]を選択します。すると、すべての塗り部分に[パペットワープ]のメッシュが表示されます。
すべての塗り部分にメッシュが表示される
すべての塗り部分にメッシュが表示される
オプションバーで、[密度]に[ポイント数を増加]を選択します。
[密度]に[ポイント数を増加]を選択
[密度]に[ポイント数を増加]を選択
すると、メッシュの密度が細かくなりなります。
メッシュの密度が細かくなる
メッシュの密度が細かくなる
メッシュの領域内をクリックして、調整ピンを設置します。
メッシュの領域内をクリック
メッシュの領域内をクリック
変形の精度を向上させる!
オプションバーの[密度]に[ポイント数を増加]を選択すると、メッシュの密度が細かくなり、変形の精度が向上します。[モード]は、メッシュの全体的な伸縮性を指定、[拡張]はメッシュの範囲を拡張して、変形するピクセルを適用範囲に含めます。
人物のポーズを微調整する
足の調整ピンをクリックして選択します。
ドラッグすると、調整ピン(アンカー)のない片方の足も連動して動きます。
調整ピンをクリックして選択→片方の足も連動して動く
上げた腕の調整ピンをクリックして選択します。
ドラッグすると、肘に調整ピン(アンカー)があるので、ドラッグした部分だけが動きます。
調整ピンをクリックして選択→ドラッグした部分だけが動く
その他の調整ピンをドラッグして、ポーズを微調整します。
[enter(Enter)]キーを押して、パペットワープの変形を確定します。
パペットワープの変形を確定
パペットワープの変形を確定
人物のポーズを変えて、自然な動きを加えることができました。
元画像→[パペットワープ]でポーズを変える
photo by modelpiece.com
控えめな変形を心がけよう!
調整ピンの位置をドラッグして移動する場合は、一度にドラッグせず、数回に分けて微調整しながらドラッグするようにしましょう。特に顔の部分の調整には注意が必要です。変形は控えめにしておきましょう。

スポンサード リンク