【選択範囲】切り抜きオブジェクトを同じレイヤー内で複製する【移動ツール】

【選択範囲】切り抜きオブジェクトを同じレイヤー内で複製する【移動ツール】

【Photoshop基本操作】無駄なレイヤーを増やさず、切り抜きオブジェクトをコピー&ペーストするには、[移動ツール]のショートカットキーを使用します。元画像を残したまま、コピー画像を自由に編集することができ、後々のレイヤー結合工程を省くことができます。


移動元の画像を残すオプション!
[移動ツール]でドラッグすると、レイヤー上でオブジェクトが自由に移動できます。この基本的な操作に、移動元の画像を残すオプションを加えると、切り抜きオブジェクトを同じレイヤー内で複製することができます。操作方法はカンタン。[option(Alt)]キーを押しながらドラッグするだけです。
無駄なレイヤーを増やさない複製方法
これから行う操作は、画像の複製を同じレイヤー内で行う方法です。オブジェクトの型抜きを選択範囲で作成し、[移動ツール]で水平に移動させて配置します。[option(Alt)]キーを押しながら移動すると、移動元の画像がそのまま残せます。[コピースタンプツール]や[パッチツール]とよく似た使い方で、右側の壺を複製し左側に配置して合成します。
元画像→画像の複製を同じレイヤー内で行う
選択範囲を作成する
素材画像をダウンロードして開きます。作例では、[幅:1600 pixel]×[高さ:1067 pixel]の[RGB カラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール]パネルから、[クイック選択ツール]を選択します。
[クイック選択ツール]を選択
[クイック選択ツール]を選択
複製する領域(切り抜きオブジェクト)をドラッグして選択範囲を作成します。
ドラッグして選択範囲を作成
ドラッグして選択範囲を作成
選択範囲の境界線は維持される!
たとえば、作成した選択範囲の境界線に複数の階調が含まれている場合、選択範囲の領域を移動しても、その境界線は維持されます。ぼけた境界線は移動してもぼけたままというワケです。このレッスンでは、複製した画像を合成するという目的があるので、移動後も自然な境界線が維持できる[クイック選択ツール]を使用しています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
オブジェクトを移動する
[ツール]パネルから、[移動ツール]を選択します。
[移動ツール]を選択
[移動ツール]を選択
[option(Alt)]キーを押しながら、選択範囲の領域をドラッグして移動します。
[option(Alt)]+ドラッグ
[option(Alt)]+ドラッグ
キーでカーソルが変わる!
選択範囲の領域で[option(Alt)]キーを押すと、[移動ツール]のカーソルが変化します。[shift]キーを併用すると、水平、または垂直を維持した移動が行えます。
移動 - カット→移動 - 複製[option(Alt)]
複製した画像を配置したい位置まで、そのままドラッグします。選択範囲の領域を移動すると、移動した箇所には元画像が残っています。
移動した箇所には元画像が残っている
移動した箇所には元画像が残っている
複製した画像を配置したい場所でマウスボタンを離します。
マウスボタンを離す
マウスボタンを離す
[レイヤー]パネルで、レイヤーを確認します。複製した画像の新しいレイヤーは作成されません。
新しいレイヤーは作成されない
新しいレイヤーは作成されない
レイヤーでも同じ操作が可能!
このレッスンでは、透明ピクセルを含まない[背景]を対象にしていますが、透明ピクセルを含むレイヤー上でも、同じ操作が行えます。選択したレイヤー上にピクセルが含まれていない場合には、アラート「選択範囲を複製できません。選択範囲内に何も含まれていません。」が表示され、それ以降の操作ができないので注意してください。
警告アラート
警告アラート
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
複製した画像を編集する(例)
[編集]メニューから、[変形]→[水平方向に反転]を選択します。すると、複製した画像が水平方向に反転します。
複製した画像を編集→[水平方向に反転]を選択
選択を解除すると確定される!
選択範囲を解除するまでは編集のやり直しが何度でも行えます。しかし、移動 – 複製オプションで選択範囲を移動すると、当然ですがマウスボタンを離した位置に複製した画像が残ります。なので、配置場所を変更したい場合は、[option(Alt)]キーを押さずにドラッグして移動してください。
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。
[command(Ctrl)]+[D]で選択を解除
[command(Ctrl)]+[D]で選択を解除
ショートカットキーを使おう!
レイヤー内の複製は、各種選択ツールの選択時でも、[option(Alt)]+[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグして行えます。

スポンサード リンク