【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【Photoshop基本操作】一般的な色調補正は、元画像のカラー情報を増減させて行いますが、別画像のカラー情報に置き換えて色調変換するのが [カラーの適用] です。たとえば、静寂な青い海を、エネルギッシュな夕景に変えることだって可能です。


予測不能な面白さを狙う!
[カラーの適用] は、複数の画像間でのカラーを一致させるための機能です。しかし、そのような微調整ではなくて、まったく異質な色調に変換したい場合、その予測不能な面白さは痛快です。彩度が高いと階調が失われがちになるので、適切な [輝度] を設定することがポイントとなります。

特定の画像とカラーを一致させる方法

これから行う操作は、ソース画像のカラーでターゲット画像のカラーを一致させる方法です。夕日や白熱灯などで撮影した写真は赤みがかっていたり、早朝や日陰などで撮影した写真は青みがかっていたりします。このような色調の違いを、色調補正ツールで調整するのは大変難しいものです。もっと簡単に色調を統一させたい…。そんなときは、[カラーの適用] を利用しましょう。
ソース画像「urban_sunrise.jpg」 → ターゲット画像「luxury_liner.jpg」
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

2つの素材画像を開く

ソース画像とターゲット画像、2つの素材画像を開きます。
ソース画像「urban_sunrise.jpg」をクリックして表示します。
ソース画像を表示

ソース画像を表示
ソース画像の選び方!
[カラーの適用] で重要なのはソース画像です。それはソース画像によって結果が大きく異なるからです。たとえば、ターゲット画像に多くのカラーが含まれている場合、ソース画像にモノトーンを選ぶと、比較的簡単に色調は統一できます。
しかし、ターゲット画像がモノトーンで、ソース画像に多くのカラーが含まれている場合、色調の統一は非常に難しくなります。ソース画像には、ひとつの色系で統一されたモノトーンが適しています。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク