【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【Photoshop基本操作】一般的な色調補正は、元画像のカラー情報を増減させて行いますが、別画像のカラー情報に置き換えて色調変換するのが [カラーの適用] です。たとえば、静寂な青い海を、エネルギッシュな夕景に変えることだって可能です。



予測不能な面白さを狙う!
[カラーの適用] は、複数の画像間でのカラーを一致させるための機能です。しかし、そのような微調整ではなくて、まったく異質な色調に変換したい場合、その予測不能な面白さは痛快です。彩度が高いと階調が失われがちになるので、適切な [輝度] を設定することがポイントとなります。

特定の画像とカラーを一致させる方法

これから行う操作は、ソース画像のカラーでターゲット画像のカラーを一致させる方法です。夕日や白熱灯などで撮影した写真は赤みがかっていたり、早朝や日陰などで撮影した写真は青みがかっていたりします。このような色調の違いを、色調補正ツールで調整するのは大変難しいものです。もっと簡単に色調を統一させたい…。そんなときは、[カラーの適用] を利用しましょう。
ソース画像「urban_sunrise.jpg」 → ターゲット画像「luxury_liner.jpg」

2つの素材画像を開く

ソース画像とターゲット画像、2つの素材画像を開きます。
ソース画像「urban_sunrise.jpg」をクリックして表示します。
ソース画像を表示
ソース画像を表示
ソース画像の選び方!
[カラーの適用] で重要なのはソース画像です。それはソース画像によって結果が大きく異なるからです。たとえば、ターゲット画像に多くのカラーが含まれている場合、ソース画像にモノトーンを選ぶと、比較的簡単に色調は統一できます。
しかし、ターゲット画像がモノトーンで、ソース画像に多くのカラーが含まれている場合、色調の統一は非常に難しくなります。ソース画像には、ひとつの色系で統一されたモノトーンが適しています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ソース画像に選択範囲を作成する

[ツール] パネルから、[なげなわツール] を選択します。
[なげなわツール] を選択
[なげなわツール] を選択
取り除きたい領域をドラッグして、選択範囲を作成します。ここでは、右下手前にある樹木の黒い影を選択しました。
取り除きたい領域をドラッグ
取り除きたい領域をドラッグ
[選択範囲] メニューから、[選択範囲を反転] を選択して、選択範囲を反転します。ソース画像の選択範囲が作成できました。
ソース画像の選択範囲を作成
ソース画像の選択範囲を作成
選択範囲は必要?
[カラーの適用] は、ソース画像の色情報のみを読み込みます。したがって、ピクセル分布の多い階調が優先されるので、不要なカラーを取り除いておくことに越したことありません。
たとえば、色域で選択範囲を作成する方法も考えられます。傾向としては、彩度が強く結果に反映されるので、ソース画像の鮮やかすぎるカラーは除外しておいた方がいいでしょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[カラーの適用] を設定する

ソース画像の選択範囲が作成できたら、ターゲット画像「luxury_liner.jpg」を選択します。
ターゲット画像を表示
ターゲット画像を表示
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [カラーの適用] を選択します。[カラーの適用] ダイアログで、[対象画像] の [ターゲット] に「(ターゲット画像のファイル名)」が表示されていることを確認します。ここでは、「luxury_liner.jpg」です。
ターゲット画像のファイル名を確認
ターゲット画像のファイル名を確認
[画像の適用設定] の [ソース] に「(ソース画像のファイル名)」をメニューから選択します。ここでは、「urban_sunrise.jpg」です。
ソース画像のファイル名を選択
ソース画像のファイル名を選択
すると、ターゲット画像に [カラーの適用] の初期値がプレビューされます。
元画像 → [カラーの適用] の初期値 (プレビュー)
ソース画像に選択範囲を作成している場合は、[ソース画像の選択範囲を使用してカラーを適用] がアクティブ表示されます。チェックマークを付けてオプションを有効にします。
[ソース画像の選択範囲を使用してカラーを適用] を有効
[ソース画像の選択範囲を使用してカラーを適用] を有効
ソース画像の暗い部分を取り除いた範囲が採用されたので、プレビューが全体的に明るくなりました。
元画像 → ソース画像の選択範囲 (プレビュー)
レイヤーも選択できる!
ソース画像にレイヤーが含まれている場合、個別のレイヤー名、または [結合] が選択できます。しかし、レイヤーにカラーが含まれていない場合は、前のプレビューがそのまま残ってしまうので確認できず注意が必要です。ソース画像はなるべく、レイヤーのないドキュメントを選びましょう。

画像オプションを調整する

[カラーの適用] ダイアログで、[画像オプション] セクションの [カラーの適用度] に暫定値の「50」を入力します。
[カラーの適用度] に「50」を入力
[カラーの適用度] に「50」を入力
続いて、明るさの [輝度] を調整します。トーンジャンプしている部分の階調が現れるまで、設定値を小さくしていきます。作例では「50」を設定しました。
[輝度] に「50」を設定
[輝度] に「50」を設定
元画像 → 画像オプションを調整
全体の効果を弱くする!
[フェード] は、[カラーの適用] 全体の効果を弱めるものです。「0」が最大で「100」が最小です。最小値の「100」に設定すると、元のターゲット画像と同じ状態に戻るので、[不透明度] とよく似た感覚です。作例では効果を最大にしたいので、初期値の「0」を設定しました。
[フェード] に「50」を設定 → 全体の効果が弱くなる
色かぶりを改善する!
[色かぶりを補正] は、RGB のそれぞれのチャンネルを自動補正して、色かぶりを改善するオプションです。作例では夕日の変色を優先させたいので、[色かぶりを補正] を無効にしています。
[色かぶりを補正] を有効 → 色かぶりを自動補正
すべての設定ができたら、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
ソース画像の色調に一発変換できた
ソース画像の色調に一発変換できた
[カラーの適用] 設定のコツ!
[カラーの適用] ダイアログの [輝度] は明るさ、[カラーの適用度] は彩度、[フェード] は全体の効果を弱めるものです。彩度が高いと階調が失われてしまうので、まず、[カラーの適用度] に中間値の「50」を設定してから、[輝度] を適切な明るさになるよう調整しましょう。彩度が高い場合は、[カラーの適用度] を「50」から下げて行きます。彩度が弱い場合は、[カラーの適用度] を「50」から上げて行きます。

スポンサード リンク