【レタッチ】青空から鳥影を瞬時に消す【スポット修復ブラシツール】

【レタッチ】青空から鳥影を瞬時に消す【スポット修復ブラシツール】

【Photoshop基本操作】バージョンアップを重ねるごとに精度を増したスゴイ機能[コンテンツに応じる]。これは Photoshop が自動的に周囲のカラー情報を解析し、いいカンジに修復してくれるというものです。その[コンテンツに応じる]を搭載した[スポット修復ブラシツール]を使って、青空から鳥影を瞬時に消してみましょう。


ブラシ直径を対象物で調整!
[コンテンツに応じる]は、その領域が狭いほど処理能力は向上します。たとえば、対象物をカバーできる最低限の大きさ×1.5倍を、あらかじめブラシ直径に設定しておけば、 [スポット修復ブラシツール]は、ワンクリックで見事に修復してくれます。
ワンクリックで完了する修復を目指す!
これから行う操作は、[スポット修復ブラシツール]を使用して、青空に飛ぶ不要な鳥影を瞬時に消すレタッチ(画像修復)作業です。[スポット修復ブラシツール]は、クリックやドラッグするだけで、ゴミやキズなどを一瞬で消すことができますが、対象物が大きくなると難易度も高くなります。より効率的な作業を行うために、まず論理的なアプローチ方法を探っていきましょう。
元画像→[スポット修復ブラシツール]でワンクリック修正
消し跡が残りやすいグラデーション!
消したい鳥影の背景は、青空が滑らかなグラデーションとなって濃淡が変化しています。次の作例は、[コピースタンプツール]などで安易に修正すると、消し跡が残ってしまうケースです。
元画像→[コピースタンプツール]での修復例
対象物の大きさを計測する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、港の風景を撮影したものですが、カメラの前を通りかかったカモメが偶然写ってしまった失敗例です。このカモメをワンクリックで消しましょう。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール]パネルから、[ズームツール]を選択し、消したい対象物の箇所をドラッグして拡大します。
[ツール]パネルから、[ものさしツール]を選択し、消したい対象物の最大直径をドラッグします。
ドラッグして拡大→最大直径をドラッグ
オプションバーで、[L1]の計測値をメモします。
[L1]の計測値をメモする
[L1]の計測値をメモする
大まかなピクセルサイズを知る!
[スポット修復ブラシツール]の[コンテンツに応じる]は、クリックしたブラシサイズの周辺に隣接するピクセルを自動的に解析します。ブラシの[直径]を設定する目安として、消したい対象物の大まかなピクセルサイズを確認しましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ブラシの設定を行う
[ツール]パネルから、[スポット修復ブラシツール]を選択します。
[スポット修復ブラシツール]を選択
[スポット修復ブラシツール]を選択
オプションバーで、[クリックでブラシピッカーを開く]をクリックして、[直径]に「90 px」を入力します。
[種類]に[コンテンツに応じる]をクリックして選択します。
[直径]に「90 px」を入力
[直径]に「90 px」を入力
計測値の1.5倍を設定!
[スポット修復ブラシツール]のしくみは、ブラシサイズの[直径]でサンプルを採取して、周囲と自然になじむよう自動的に補正されます。しかし、広い領域を不規則にドラッグすると、修復の精度は落ちてしまいます。これはサンプルを採取する領域が複雑になってしまうためで、いちばん単純な領域の形状、つまり、円形のブラシによるワンクリック修復が最も簡単でキレイ!だと考えられます。
[スポット修復ブラシツール]の適切な設定値
[スポット修復ブラシツール]の適切な設定値
対象物の輪郭から周囲に向けて、少なくとも 8 pixel のサンプリングエリアがないと、境界線を自然になじませることは難しいです。たとえば、対象物の最大直径が 16 pixel の場合、8 pixel の干渉幅(半径)は4 pixel(1/2)なので、対象物の最大直径+8 pixel=24 pixel が、[スポット修復ブラシツール]の最小値になります。サンプリングエリアが大きさに比例するものとするなら、対象物の最大直径×1.5倍が適正値です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
修復箇所をワンクリックする
消したい対象物にペイントカーソルを合わせて、ワンクリックで修復を完了させます。
ペイントカーソルを合わせてクリック→コンテンツに応じた修復が行われる
青空から鳥影を瞬時に消すことができました。
青空から鳥影を消すことができた
青空から鳥影を消すことができた
ワンクリックで決める!
[種類]に[コンテンツに応じる]を選択した場合は、クリックしたブラシサイズの周辺に隣接するピクセルを自動的に解析するため、ドラッグしたり、何度もクリックするといい結果は出ません。失敗したときはブラシの[直径]を変えてやり直しましょう。

スポンサード リンク