【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

画像オプションを調整する

[カラーの適用] ダイアログで、[画像オプション] セクションの [カラーの適用度] に暫定値の「50」を入力します。
[カラーの適用度] に「50」を入力
[カラーの適用度] に「50」を入力
続いて、明るさの [輝度] を調整します。トーンジャンプしている部分の階調が現れるまで、設定値を小さくしていきます。作例では「50」を設定しました。
[輝度] に「50」を設定
[輝度] に「50」を設定
元画像 → 画像オプションを調整
全体の効果を弱くする!
[フェード] は、[カラーの適用] 全体の効果を弱めるものです。「0」が最大で「100」が最小です。最小値の「100」に設定すると、元のターゲット画像と同じ状態に戻るので、[不透明度] とよく似た感覚です。作例では効果を最大にしたいので、初期値の「0」を設定しました。
[フェード] に「50」を設定 → 全体の効果が弱くなる
色かぶりを改善する!
[色かぶりを補正] は、RGB のそれぞれのチャンネルを自動補正して、色かぶりを改善するオプションです。作例では夕日の変色を優先させたいので、[色かぶりを補正] を無効にしています。
[色かぶりを補正] を有効 → 色かぶりを自動補正
すべての設定ができたら、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
ソース画像の色調に一発変換できた
ソース画像の色調に一発変換できた
[カラーの適用] 設定のコツ!
[カラーの適用] ダイアログの [輝度] は明るさ、[カラーの適用度] は彩度、[フェード] は全体の効果を弱めるものです。
彩度が高いと階調が失われてしまうので、まず、[カラーの適用度] に中間値の「50」を設定してから、[輝度] を適切な明るさになるよう調整しましょう。
彩度が高い場合は、[カラーの適用度] を「50」から下げて行きます。彩度が弱い場合は、[カラーの適用度] を「50」から上げて行きます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
1234

スポンサード リンク