切り抜きを極める!金髪くるくる巻きをサクッと切り抜く

切り抜きを極める!金髪くるくる巻きをサクッと切り抜く方法

選択範囲を修正する

画面をズームして、[被写体を選択] で作成した選択範囲を確認します。作例では、明確な境界線で滑らかな肩の部分と、髪の毛が大きくカールしている中抜き部分に不完全な箇所があります。
滑らかな肩の部分→髪の毛の中抜き部分
[ツール] パネルで、[クイック選択ツール] を選択します。
[クイック選択ツール] を選択

[クイック選択ツール] を選択
オプションバーで、[クリックでブラシオプションを開く] をクリックし、[直径] に「35 px」を入力します。
[自動調整] のチェックマークを外します。
[直径] に「35 px」を入力

[直径] に「35 px」を入力
未選択部分にカーソルを合わせてクリックします。輪郭に沿って少しずつ選択範囲を拡げます。
未選択部分にカーソルを合わせてクリック → 輪郭に沿って選択範囲を拡げる
ワンクリックで確認!
[クイック選択ツール] は、境界線を自動検出する機能です。選択したい箇所を大まかにドラッグしますが、細部を修正したい場合は、ワンクリックで結果を確認しながら、少しずつ選択範囲を拡げる、または狭めていくことがコツになります。ブラシで塗りつぶす感覚ではなく、自動検出するサンプリング箇所を指定する感覚です。
クイック選択ツールの使い方
サンプリング箇所 (概念図) → 自動検出の結果
オプションバーで、[現在の選択範囲から一部削除] を選択、または [option (Alt)] キーを押して、一時的な切り替えを行います。
[現在の選択範囲から一部削除] を選択

[現在の選択範囲から一部削除] を選択
中抜き部分にカーソルを合わせクリックします。およその毛束に沿って選択範囲を狭めます。
中抜き部分にカーソルを合わせクリック→およその毛束に沿って選択範囲を狭める
自動検出は中抜きが苦手?
[被写体を選択] のような自動検出機能は、中抜き箇所が不完全な結果になることが多いです。[クイック選択ツール] で、いくら手を加えても修正できない場合もあります。「これは難しそうかな?」という箇所は取捨選択して、次の段階に拡げる、または狭める境界線を考えましょう。
[被写体を選択] による選択領域 (マスク) → 中抜き箇所を取捨選択 (マスク)
選択範囲の修正が完了しました。
選択範囲の修正が完了

選択範囲の修正が完了
選択とマスクにバトンタッチ!
[選択とマスク] を使用する場合は、髪の毛のような繊細で複雑なオブジェクトを切り抜くという目的があります。その準備作業として、元となる選択範囲は絶対に必要です。詳細は [選択とマスク] にお任せするのですから、その選択範囲には「大まかな的確さ」が求められます。
曖昧さの取捨選択

曖昧さの取捨選択
大まかな的確さは、自動検出が得意とするところです。[被写体を選択] から [選択とマスク] へ。スムーズなバトンタッチが行えるように、曖昧さの取捨選択を心がけましょう。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】切り抜きを極める!金髪くるくる巻きをサクッと切り抜く方法
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク