切り抜きを極める!金髪くるくる巻きをサクッと切り抜く

切り抜きを極める!金髪くるくる巻きをサクッと切り抜く方法

【Photoshop基本操作】切り抜きのスゴイ機能 [被写体を選択] と [選択とマスク] は、人工知能と機械学習を統合した「Adobe Sensei」で、絶大な威力を発揮します。髪の毛の中抜きもカンタン。金髪くるくる巻きをサクッと切り抜いてみましょう。


最初の選択範囲が肝心!
[選択とマスク] が思うように操作できないのは、その前の操作である選択範囲の作成がマズイからです。それは技術や手間が必要というワケではなく、大まかであっても、適切な位置に「選択範囲を通す」見極めが必要だということです。自動検出をベースに「人の手」を加えることで、選択範囲の精度はグンと向上します。

髪の毛を自動検出で切り抜く方法

これから行う操作は、[被写体を選択] と [選択とマスク] を使用して、髪の毛を切り抜く方法です。自動検出を最大限に活用した、初級ユーザーにもやさしいシンプル操作です。選択範囲の修正とマスクプレビューで、少しずつクリック修正することがポイントです。
元画像 (部分) → 髪の毛を自動検出で切り抜く (部分)

選択範囲を作成する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 853 pixel]、 [解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
photo by ivanovgood
[選択範囲] メニューから、[被写体を選択] を選択して適用します。
[被写体を選択] を選択

[被写体を選択] を選択
すると、自動検出された被写体の選択範囲が作成されます。
自動検出された被写体の選択範囲が作成

自動検出された被写体の選択範囲が作成
どんな素材にも有効?
[被写体を選択] は、無背景の被写体なら一瞬で選択範囲を作成してくれます。作例のように、背景と被写体が補色関係にあるものも得意そうです。しかし、これで満足してはいけません。素材により自動検出の精度はさまざまですが、共通した弱点は「中抜き」です。
[被写体を選択] を適用 → 不完全な中抜き箇所がある

photo by Victoria_Borodinova
中抜きとは、ドーナツの穴やマグカップの取っ手など、オブジェクトがポッカリ抜けて空間になっている部分です。うまく選択される場合もありますが、中抜き箇所には特に注意しましょう。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】切り抜きを極める!金髪くるくる巻きをサクッと切り抜く方法
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク