【レタッチ】映っちゃったモノをなかったように消す方法【コンじる】

【レタッチ】映っちゃったモノをなかったように消す方法【コンじる】

【Photoshop基本操作】キズやゴミのような画像修復には、通称「コンじる」が威力を発揮します。その「コンじるファミリー」の集大成というべき機能が [コンテンツに応じた塗りつぶし] です。細部の修正はもちろん、広範囲をごっそり穴埋めできるので、いろんな用途に使えますね。映っちゃったモノをなかったように消してみましょう。



繰り返しパターンを防ぐ!

[コンテンツに応じた塗りつぶし] は、初期設定のままでも驚くような結果が期待できます。しかし、よ〜く見直してください。なんか変なところはありませんか? 「コンじる」は、似たような色や質感の領域を自動的に検出して、指定した修正部分へ移植します。それはそれでスゴイ機能なのですが、たとえば、特徴的で同じ形状のものが2つ以上あれば、そこに意図しないリズムが生まれて不自然さが出ますよね? そのような繰り返しパターンを防ぐには、あなた自身の「技」が必要です。
method_01

広範囲を塗りつぶして人物を消す

これから行う操作は、[コンテンツに応じた塗りつぶし] を活用した画像の穴埋め修正です。作例では、砂浜に立つ男性を消します。まずは初期設定で適用して、出力するまでの概要を知りましょう。
元画像 (部分) → 髪の毛を自動検出で切り抜く (部分)

選択範囲を作成する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 1280 pixel]、 [解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by innokurnia
[ツール] パネルから、[なげなわツール] を選択します。
[なげなわツール] を選択
[なげなわツール] を選択
オプションバーで、[新規選択]、[ぼかし : 0 px]、[アンチエイリアス] を設定します。(初期設定)
オプションバー (初期設定)
オプションバー (初期設定)
人物の周囲をドラッグして、塗りつぶし領域に選択範囲を作成します。
人物の周囲に選択範囲を作成
人物の周囲に選択範囲を作成

最小限の範囲が望ましい!

選択範囲は、オブジェクトの境界線から約 8 pixel 以上外側に作成します。しかし、塗りつぶす領域が小さいほど、最適な結果を出しやすくなるので、大きくなりすぎず最小限の範囲が望ましいです。
境界線から約 8 pixel 以上
境界線から約 8 pixel 以上

基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

[コンテンツに応じた塗りつぶし] を適用する

[編集] メニューから、[コンテンツに応じた塗りつぶし] を選択します。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] を選択
[コンテンツに応じた塗りつぶし] を選択
すると、[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネルが表示されます。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネル
[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネル
サンプリング画面
[サンプリングブラシツール] や [なげなわツール] で、自動検出されるオーバーレイ領域を編集します。
プレビュー画面
現在のオーバーレイ領域、プロパティを反映した塗りつぶし領域をプレビューします。
プロパティパネル
オーバーレイ領域の不透明度やカラー、塗りつぶし領域のカラー適用レベルや回転などを設定します。
プロパティパネルで、現在の設定 (初期設定) を確認します。
現在の設定 (初期設定) を確認
現在の設定 (初期設定) を確認

オーバーレイ領域をサンプリング!

[コンテンツに応じた塗りつぶし] の大まかな仕組みは、オーバーレイ領域をサンプリングして、塗りつぶし領域に似たようなパターンを移植します。[カラー適用] の [初期設定] は、一般的なケースを元に組まれたアルゴリズムで、特に明度調整が優れているので、違和感の無い適切なピクセルが配置されます。初期設定と言えども、なかなか侮れない存在ですね。

基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

結果を新規レイヤーに出力する

[出力設定] セクションの [出力先] に [新規レイヤー] を選択します。
[OK] をクリックします。
[出力先] に [新規レイヤー] を選択
[出力先] に [新規レイヤー] を選択
[command (Ctrl)] + [D] キーを押して、選択を解除します。
[command (Ctrl)] + [D] キーで選択を解除
[command (Ctrl)] + [D] キーで選択を解除
初期設定を適用するだけで、広範囲の穴埋め修正があっと言う間にできました。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] の操作が完了
[コンテンツに応じた塗りつぶし] の操作が完了

3つの出力方法を選択!

[出力先] に [現在のレイヤー] を選択すると、元画像がプレビュー画面の結果に書き換えられます。[新規レイヤー] を選択すると、塗りつぶし領域のみのレイヤーを追加します。[レイヤーを複製] を選択すると、結果に書き換えたレイヤーを複製します。元画像を保持するには、[新規レイヤー]、または [レイヤーを複製] を選択します。
出力されたレイヤーを確認
出力されたレイヤーを確認
method_02

遠近法を揃えた塗りつぶしで人物を消す

これから行う操作は、[コンテンツに応じた塗りつぶし] を活用した画像の穴埋め修正です。作例では、鉄道車両の前に立つ男の子を消します。背景の鉄道車両は、遠近法による奥行きのある構図が特徴ですが、レールの枕木に意図しない繰り返しパターンが適用されます。その防止方法を学びましょう。
元画像 → 遠近法を揃えた塗りつぶしで人物を消す

選択範囲を作成する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 856 pixel]、 [解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by Victoria_Borodinova
[ツール] パネルから、[なげなわツール] を選択します。
[なげなわツール] を選択
[なげなわツール] を選択
オプションバーで、[新規選択]、[ぼかし : 0 px]、[アンチエイリアス] を設定します。(初期設定)
オプションバー (初期設定)
オプションバー (初期設定)
人物の周囲をドラッグして、塗りつぶし領域に選択範囲を作成します。
人物の周囲に選択範囲を作成
人物の周囲に選択範囲を作成

最小限の範囲が望ましい!

選択範囲は、オブジェクトの境界線から約 8 pixel 以上外側に作成します。しかし、塗りつぶす領域が小さいほど、最適な結果を出しやすくなるので、大きくなりすぎず最小限の範囲が望ましいです。
境界線から約 8 pixel 以上
境界線から約 8 pixel 以上

[コンテンツに応じた塗りつぶし] を適用する

[編集] メニューから、[コンテンツに応じた塗りつぶし] を選択します。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネル
[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネル
[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネルで、[塗りつぶしの設定] セクションの [カラー適用] に [高] を選択します。
[拡大・縮小] に チェックマークを入れます。
[カラー適用] に [高] を選択
[カラー適用] に [高] を選択
すると、塗りつぶし領域のプレビュー結果が、[初期設定] より改善されます。
[カラー適用] に [初期設定] を設定 (部分) → [カラー適用] に [高] を設定 (部分)

結果を重視しよう!

[塗りつぶしの設定] セクションは、より精度の高い塗りつぶしが設定できます。精度を高くすると処理スピードが遅くなるので、初期設定では、一般的なアルゴリズムが用いられています。塗りつぶし領域のサイズやサンプリングパターンに影響されるため、必ずしも精度の高い設定がいい結果につながるとは限りません。
[回転適用] に [なし] を設定 → [回転適用] に [高] を設定
[回転適用] は、元画像領域と塗りつぶし領域の境界線を合わせるため、コンテンツを回転します。[回転適用 : なし] は、境界線をぼかしてなじませます。たとえば、レンガ塀の目地を合わせたい場合は、[回転適用] に [低] 〜 [すべて] のいずれかを選択して、境界線のつなぎを改善します。
[拡大・縮小] オプションと [ミラー] オプション
[拡大・縮小] オプションと [ミラー] オプション
[拡大・縮小] は、塗りつぶし領域のコンテンツを拡大・縮小させて、境界線を合わせるオプションです。遠近法を用いた素材に適しています。サンプリングパターンが大きく引き伸ばされることもあるので、画質の劣化に注意が必要です。[ミラー] は、水平方向に反転させるオプションです。陰影の向きに注意が必要です。

繰り返しパターンを削除する

プロパティパネルで、[サンプリングオプション] セクションの [表示] に [除外領域] を選択します。
[表示] に [除外領域] を選択
[表示] に [除外領域] を選択
すると、オーバーレイ領域の表示が反転します。
オーバーレイ領域の表示が反転
オーバーレイ領域の表示が反転
[ツール] パネルから、[サンプリングブラシツール] を選択します。
[サンプリングブラシツール] を選択
[サンプリングブラシツール] を選択
オプションバーで、[オーバーレイ領域に追加] を選択します。
[サイズ] に「30」を入力します。
[サイズ] に「30」を入力
[サイズ] に「30」を入力
プレビュー画面で、繰り返しパターンを検査します。
サンプリング画面で、その元になる部分を見つけ出します。
繰り返しパターンの元を見つけ出す (部分) → 繰り返しパターンを検査 (部分)
サンプリング画面で、繰り返しパターンの元をクリックします。
繰り返しパターンの元をクリック (部分)
繰り返しパターンの元をクリック (部分)
すると、塗りつぶし領域の繰り返しパターンが削除されます。
編集前のプレビュー (部分) → 編集後のプレビュー (部分)

パターンが特定しにくい場合は?

繰り返しパターンの元が特定しにくい場合は、怪しそうな箇所をクリックし、一箇所ずつプレビューで確認してみましょう。操作を取り消す場合は、[編集] メニューから、[取り消し] を選択します。全体の操作を最初に戻したい場合は、プロパティパネルで、[初期設定のサンプリング領域に戻す] をクリックします。
[初期設定のサンプリング領域に戻す] をクリック
[初期設定のサンプリング領域に戻す] をクリック

結果を新規レイヤーに出力する

[出力設定] セクションの [出力先] に [新規レイヤー] を選択します。
[OK] をクリックします。
[出力先] に [新規レイヤー] を選択
[出力先] に [新規レイヤー] を選択
[command (Ctrl)] + [D] キーを押して、選択を解除します。
[command (Ctrl)] + [D] キーで選択を解除
[command (Ctrl)] + [D] キーで選択を解除
リズムパターンを防止しながら、遠近法を揃えた広範囲の穴埋め修正があっと言う間にできました。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] の操作が完了
[コンテンツに応じた塗りつぶし] の操作が完了

検出パターンは神出鬼没!

たとえば、ビルを背景にした人物の穴埋め修正では、窓やバルコニーなどの構造物がパターン化されているため、[コンテンツに応じた塗りつぶし] にとっては、意外にカンタンな作業になります。
元画像 (部分) → パターンで穴埋め修正 (部分)
photo by Victoria_Borodinova
作例では、窓がグリッド状なので、そこにうまくはめ込んで穴埋め修正されています。しかし、元画像のサンプルが繰り返されているように見えませんか? この場合、サンプリング画面からパターンの元を削除してみると、窓ではない部分が適用されてしまいました。別の部分の削除も試みましたが、どんどん酷くなるばかり…。検出パターンは神出鬼没です。
method_03

広範囲を塗りつぶして足りない領域を増やす

これから行う操作は、[コンテンツに応じた塗りつぶし] を活用したカンバスサイズの変更です。作例では、カモメの背景である空の領域を増やして、カンバスを正方形から長方形へ変更します。
元画像 → 広範囲を塗りつぶして足りない領域を増やす

カンバスサイズを変更する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 1280 pixel]、 [解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by Engin_Akyurt
[レイヤー] パネルで、[背景] レイヤーサムネールを [option (Alt)] キーを押しながらダブルクリックして、背景からレイヤーに変換します。
[option (Alt)] + ダブルクリック → レイヤーに変換されたことを確認
[イメージ] メニューから、[カンバスサイズ] を選択します。[カンバスサイズ] ダイアログで、[幅] に「1920」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[カンバスサイズ] ダイアログを設定
[カンバスサイズ] ダイアログを設定
カンバスサイズを正方形から長方形へ。左右に透明ピクセルを含んだドキュメントに変更できたことを確認します。
左右に透明ピクセルを含んだドキュメントに変更された

選択範囲のための透明ピクセル!

[コンテンツに応じた塗りつぶし] の塗りつぶし領域は、透明ピクセルである必要はありません。透明ピクセルを含んだドキュメントにすることで、その足りない領域を効率的に選択するためです。足りない領域は、広範囲になればなるほど違和感が現れやすいです。作例では、仕上げサイズのピクセル数を、元のドキュメントサイズの長辺1.5倍、左右に +25% の塗りつぶし領域を作成しています。
左右に +25% の塗りつぶし領域を作成
左右に +25% の塗りつぶし領域を作成

選択範囲を作成する

[レイヤー] パネルで、[レイヤー 0] のレイヤーサムネールを、[command (Ctrl)] キーを押しながらクリックします。
[command (Ctrl)] + クリック
[command (Ctrl)] + クリック
すると、画像の領域に選択範囲が作成されます。
画像の領域に選択範囲が作成される
画像の領域に選択範囲が作成される
[選択範囲] メニューから、[選択範囲を反転] を選択して適用します。
[選択範囲を反転] を適用
[選択範囲を反転] を適用
[選択範囲] メニューから、[選択範囲を変更] → [拡張] を選択します。[選択範囲を拡張] ダイアログで、[拡張量] に「2」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
足りない領域に拡張した選択範囲を作成
足りない領域に拡張した選択範囲を作成

なぜ選択を拡張するの?

元画像のエッジ部分には、ファイルの圧縮や拡大・縮小などが原因となる「ブレ線」が残っている場合があります。足りない領域の穴埋め修正では、つなぎ目となるエッジ部分に、少しだけ重なる領域を設けてブレ線を隠します。

[コンテンツに応じた塗りつぶし] を適用する

[編集] メニューから、[コンテンツに応じた塗りつぶし] を選択します。すると、[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネルが表示されます。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネル
[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネル
プロパティパネルで、現在の設定 (初期設定) を確認します。
現在の設定 (初期設定) を確認
現在の設定 (初期設定) を確認

初期設定に戻る?

[コンテンツに応じた塗りつぶし] は、以前の設定が継続される項目と、初期設定に戻る項目が混在します。[サンプリングオプション] セクション、[出力設定] セクションは継続されます。[塗りつぶしの設定] セクションは、[カラー適用] に [初期設定]、[回転適用] に [なし] が選択され、[拡大・縮小] と [ミラー] は無効が初期設定です。[サンプリングブラシツール] の [サイズ] は、対象のカンバスサイズにより、適正値が初期設定されます。
[塗りつぶしの設定] セクションの [回転適用] に [中] を選択します。
[回転適用] に [中] を選択
[回転適用] に [中] を選択

回転でリズムを乱す!

作例では、穴埋め修正の対象が空と雲なので、サンプリングエリアから移植される画像が適度にうねっている方が、繰り返しパーンを目立たなくすることができます。[回転適用] は、元画像領域と塗りつぶし領域のつなぎを、回転によって改善するものです。
[回転適用] に [なし] を設定 → [回転適用] に [中] を設定

書き換えたレイヤーに出力する

[出力設定] セクションの [出力先] に [レイヤーを複製] を選択します。
[OK] をクリックします。
[出力先] に [レイヤーを複製] を選択
[出力先] に [レイヤーを複製] を選択
[command (Ctrl)] + [D] キーを押して、選択を解除します。
[command (Ctrl)] + [D] キーで選択を解除
[command (Ctrl)] + [D] キーで選択を解除
広範囲を塗りつぶして足りない領域を増やす、穴埋め修正があっと言う間にできました。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] の操作が完了
[コンテンツに応じた塗りつぶし] の操作が完了

3つの出力方法を選択!

[出力先] に [現在のレイヤー] を選択すると、元画像がプレビュー画面の結果に書き換えられます。[新規レイヤー] を選択すると、塗りつぶし領域のみのレイヤーを追加します。[レイヤーを複製] を選択すると、結果に書き換えたレイヤーを複製します。元画像を保持するには、[新規レイヤー]、または [レイヤーを複製] を選択します。

スポンサード リンク