【レタッチ】写っちゃったモノをなかったように消す方法【コンテンツに応じた塗りつぶし】

【レタッチ】写っちゃったモノをなかったように消す方法【コンテンツに応じた塗りつぶし】

【Photoshop基本操作】キズやゴミのような画像修復には、通称「コンじる」が威力を発揮します。その「コンじるファミリー」の集大成というべき機能が [ コンテンツに応じた塗りつぶし ] です。細部の修正はもちろん、広範囲をごっそり穴埋めできるので、いろんな用途に使えますね。写っちゃったモノをなかったように消してみましょう。
繰り返しパターンを防ぐ!
[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] は、似たような色や質感の領域を自動的に検出して、指定した修正部分へ移植します。初期設定のままでも、驚くような結果が期待できます。しかし、よ〜く見直してください。なんか変なところはありませんか?
たとえば、特徴的で同じ形状のものが2つ以上あれば、そこに意図しないリズムが生まれて不自然さが出ますよね? そのような繰り返しパターンを防ぐには、あなた自身の「技」が必要です。
method_01

広範囲を塗りつぶして人物を消す

これから行う操作は、[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] を活用した、画像の穴埋め修正です。作例では、砂浜に立つ男性 ( お父さん? ) を消します。まずは初期設定で適用して、出力するまでの概要を知りましょう。
元画像 ( 部分 ) → 髪の毛を自動検出で切り抜く ( 部分 )

選択範囲を作成する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[ 幅 : 1280 pixel ]、[ 高さ : 1280 pixel ]、 [ 解像度 : 300 pixel/inch ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by innokurnia
Pixabay - 無料の写真
[ ツール ] パネルで、[ なげなわツール ] を選択します。
[ なげなわツール ] を選択
[ なげなわツール ] を選択
オプションバーで、[ 新規選択 ]、[ ぼかし : 0 px ]、[ アンチエイリアス ] を設定します。初期設定
オプションを設定
オプションを設定
人物の周囲をドラッグして、塗りつぶし領域に選択範囲を作成します。
人物の周囲に選択範囲を作成
人物の周囲に選択範囲を作成
最小限の範囲が望ましい!
選択範囲は、オブジェクトの境界線から、約 8 pixel 以上外側に作成します。しかし、塗りつぶす領域が小さいほど、最適な結果を出しやすくなるので、大きくなりすぎず、最小限の範囲が望ましいです。
境界線から約 8 pixel 以上
境界線から約 8 pixel 以上

[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] を適用する

[ 編集 ] メニューから、[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] を選択します。
[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] を選択
[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] を選択
すると、[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] プロパティパネルが表示されます。
[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] プロパティパネル
[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] プロパティパネル
サンプリング画面
[ サンプリングブラシツール ] や [ なげなわツール ] で、自動検出されるサンプリング領域のオーバーレイを編集します。
プレビュー画面
現在のサンプリング領域、プロパティを反映した塗りつぶし領域をプレビューします。
プロパティパネル
オーバーレイ領域の不透明度やカラー、塗りつぶし領域のカラー適用レベルや回転などを設定します。
プロパティパネルで、現在の設定 ( 初期設定 ) を確認します。
現在の設定 ( 初期設定 ) を確認
現在の設定 ( 初期設定 ) を確認
オーバーレイをサンプリング!
[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] の大まかな仕組みは、黄緑色のオーバーレイ領域をサンプリングして、塗りつぶし領域に似たようなパターンを移植します。
[ カラー適用 ] の [ 初期設定 ] は、一般的なケースを元に組まれたアルゴリズムで、特に明度調整が優れているので、違和感の無い適切なピクセルが配置されます。初期設定と言えども、なかなか侮れない存在ですね。

結果を新規レイヤーに出力する

[ 出力設定 ] セクションの [ 出力先 ] に [ 新規レイヤー ] を選択します。
[ OK ] をクリックします。
[ 出力先 ] に [ 新規レイヤー ] を選択
[ 出力先 ] に [ 新規レイヤー ] を選択
[ command ( Ctrl ) ] + [ D ] キーを押して、選択を解除します。
[ command ( Ctrl ) ] + [ D ] キーで選択を解除
[ command ( Ctrl ) ] + [ D ] キーで選択を解除
初期設定を適用するだけで、広範囲の穴埋め修正が、あっと言う間にできました。
[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] の操作が完了
[ コンテンツに応じた塗りつぶし ] の操作が完了
3つの出力方法を選択!
[ 出力先 ] に [ 現在のレイヤー ] を選択すると、元画像がプレビュー画面の結果に書き換えられます。[ 新規レイヤー ] を選択すると、塗りつぶし領域のみのレイヤーを追加します。
出力されたレイヤーを確認
出力されたレイヤーを確認
[ レイヤーを複製 ] を選択すると、結果に書き換えたレイヤーを複製します。元画像を保持するには、[ 新規レイヤー ]、または、[ レイヤーを複製 ] を選択します。

スポンサード リンク