【選択範囲】ピントが合った部分だけを切り抜く【焦点領域】

【選択範囲】ピントが合った部分だけを切り抜く方法【焦点領域】

【Photoshop基本操作】スタジアムの観衆の中でプレーするスポーツ選手など、背景が大きくボケた写真から、オブジェクトだけを切り抜きたい場合は、[焦点領域] を使用すると、Photoshop が自動的に判断してくれるので、大幅な作業の効率化が望めます。細部を調整して思い通りの仕上がりを目指しましょう。
[自動] より少し甘めに!
[焦点領域] の初期設定は、対象画像に応じた設定値を自動的に計算する [自動] オプションが選択されています。これを使わずして [焦点領域] の価値は存在しないほどのスゴイ機能です。
しかし、切り抜くオブジェクトに明るい境界線が含まれている場合は、[自動] より少し甘めに設定した方がいい結果が期待できます。

焦点領域を自動検出

これから行う操作は、[焦点領域] を使用した選択範囲の作成方法です。対象となる画像は、主体にピントが合い背景が大きくボケている写真です。選択範囲は、オブジェクトの背面にべた塗りを敷くために作成するもので、滑らかで詳細な境界線を必要とします。[焦点領域] の適用結果をレイヤーマスクに出力しましょう。
元画像 → ピントが合った部分だけを切り抜く

[焦点領域] を選択する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1920 pixel]、[高さ : 1275 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by WikiImages
[選択範囲] メニューから、[焦点領域] を選択し、[焦点領域] ダイアログを表示します。
[焦点領域] ダイアログを表示
[焦点領域] ダイアログを表示
クリックで表示モードを選択
[プレビュー] にチェックマークを入れると、現在、[焦点領域] の設定を行っているドキュメントに、選択範囲のマスクを表示します。一時的に [黒地] や [白地] などに切り替えることもできるので、それぞれの条件に合った切り抜きが確認できます。
焦点範囲
[焦点範囲] の [自動] にチェックマークを入れると、画像に応じた焦点領域を自動計算し、処理が終わるとボックスに数値が入力されます。初期設定では、[自動] にチェックマークが入れられています。
エッジをぼかし
[エッジをぼかし] にチェックマークを入れると、計算された焦点領域の処理に加えて、エッジを滑らかな印象にします。通常の切り抜きでは、[エッジをぼかし] にチェックマークを入れておきましょう。
進捗インジケーター
[焦点範囲] の設定値により、焦点領域を検出するまでの進捗をクルクルまわるインジケーターで表示します。
表示モードを切り替えてみよう!
[表示モード] に [オーバーレイ] を選択すると、元画像と現在のマスク領域 (半透明の赤色) がプレビューされます。[焦点領域] の作業は、一時的に [黒地] や [白地] などに切り替えることもできるので、それぞれの条件に合った切り抜きが確認できます。
表示モードを切り替える
表示モードを切り替える
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク