【選択範囲】基本図形を組み合わせて切り抜く【パス】

【選択範囲】基本図形を組み合わせて切り抜く【パス】

【Photoshop基本操作】パスを最初から描画することは難しいですが、コーヒーカップのような形状なら、基本図形を組み合わせるだけで簡単に作成できる場合もあります。滑らかで明瞭な曲線を持つオブジェクトを、すばやくきれいに切り抜くメリットもあります。パスの基本的な機能と操作を学びましょう。


ガイドにスナップさせて作成!
パスの操作は、ピクセルグリッドにスナップ (吸着) させずに行うことが基本とされていますが、ここはスナップさせたい!と思うことも多いかと思います。
そんなときは、スナップさせたい箇所にガイドを作成します。パスにはガイドにスナップする機能があり、たとえば、楕円形のシェイプを囲む長方形の領域にガイドを作成しておけば、簡単に素早くパスを作成することができます。

コーヒーカップをパスで切り抜く

これから行う操作は、コーヒーカップを切り抜く方法です。切り抜きにはパスを使用し、選択範囲の作成からレイヤーマスクの出力までを行います。大まかには、楕円形のシェイプを2つ組み合わせることで、高品質な切り抜きの境界線をレイヤーマスクに出力します。
元画像 → 基本図形を組み合わせて切り抜く

ガイドを作成する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 857 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
[表示] メニューから、[定規] を選択して、[定規] を表示します。[定規] からドキュメント内にドラッグして、コーヒーカップの円形の頂点に合わせてガイドを作成します。
[定規] からドラッグしてガイドを作成

[定規] からドラッグしてガイドを作成
続いて、円形の左右の側面に合わせてガイドを作成します。
コーヒーカップを囲む3点のガイドが作成できた

コーヒーカップを囲む3点のガイドが作成できた
境界線の少し内側に作成しよう!
ドキュメントの表示をズームアップして、コーヒーカップの境界線の最大位置を約 1 pixel 内側にガイドを作成しましょう。作成するガイドは、左右の側面と上辺、または下辺の3点です。ガイド作成時に [shift] キーを併用すると、目盛りにぴったり合わせることができます。
センターとマージンにすばやくガイドを引く

ツールの環境設定

パスを作成する前に、ツールの環境設定 [ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ] の有効 / 無効を確認しておきましょう。
[Photoshop (編集)] メニューから、[環境設定] → [ツール] を選択します。
[環境設定] ダイアログで、[ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ] のチェックマークを外し、[OK] をクリックします。
[環境設定] ダイアログを設定

[環境設定] ダイアログを設定
ピクセルにスナップさせない!
これから作成するパスが、ピクセルグリッドにスナップすると、アンカーポイントの位置や方向線の角度が制限されるため、[ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ] を無効にしておきます。
パスを作成後、このオプションを有効に戻しても、アンカーポイントの位置や方向線の角度はそのまま保持されますが、移動や編集を加えると、ピクセルグリッドにスナップされるので注意が必要です。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク