写真を加工する!インスタグラムX-PRO-II風

写真を加工する!インスタグラムX-PRO-II風

画像の周辺を暗くする

ビンテージ風写真のムードを一気に高めてくれるビネット効果は、[ レンズ補正 ] の [ 周辺光量補正 ] を使用すると簡単につくれます。画像に直接適用することもできますが、レイヤーで合成しておくと、暗さや形状を再編集できるので便利です。
[ レイヤー ] パネルで、[ 新規レイヤーを作成 ] をクリックして、[ レイヤー 1 ] を作成します。
[ 編集 ] メニューから、[ 塗りつぶし ] を選択します。
[ 塗りつぶし ] ダイアログで、[ 使用 ( 内容 ) ] に [ 50% グレー ] を選択して、[ OK ] をクリックします。
[ レイヤー ] メニューから、[ レイヤー ] – [ スマートオブジェクトに変換 ] を選択して適用します。
[ レイヤー 1 ] を作成
[ レイヤー 1 ] を作成
[ 50% グレー ] を選択
[ 50% グレー ] を選択
スマートオブジェクトとは?
[ スマートオブジェクトに変換 ] を適用すると、[ 背景 ] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。レイヤーマスクを含むスマートオブジェクトは、リンクされたマスク領域が保持され、ドキュメントを開くことで、レイヤーマスクを編集することができます。
[ フィルター ] メニューから、[ レンズ補正 ] を選択します。[ レンズ補正 ] 操作パネルで、[ カスタム ] を表示します。
[ レンズ補正 ] 操作パネル
[ レンズ補正 ] 操作パネル
[ 周辺光量補正 ] セクションの [ 適用量 ] に [ -75 ]、[ 中心点 ] に [ +50 ] を入力します。
[ 周辺光量補正 ] を設定
[ 周辺光量補正 ] を設定

描画モードの設定

[ レイヤー ] パネルで、描画モードに [ オーバーレイ ] を選択します。
描画モードに [ オーバーレイ ] を選択
描画モードに [ オーバーレイ ] を選択
画像の周辺が暗くなり、色が強くなりました。
画像の周辺が暗くなった
画像の周辺が暗くなった
レイヤーつくるビネット効果!
ビネット効果で気を付けなければならないのは、単調な「黒塗り」です。擬似的な効果ではありますが、光学的な現象をできるだけ再現するため、周辺を暗くするだけではなく、色を強くすることも考えます。
もちろん、素材画像に適した暗さや形状も調整できなければなりません。面倒でもレイヤー合成は必須です。
画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方
元画像 → ビネット効果を適用
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク