写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

【Photoshop講座】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「Instagram」。その多彩なフィルターの中から、周辺を暗くコントラストを強くする「X-PRO II」を再現してみましょう。「X-PRO II」は、フィルム写真を象徴するようなハイコントラスト、黄みがかった色調、ビネット効果が特徴です。元のイメージを想像以上に変え、どんな素材もそれっぽく仕上げてくれる人気の高いフィルターのひとつです。



コントラストはS字型に設定!
色調補正では、コントラストを強くすることが多いです。このときトーンカーブの形状は、シャドウ領域を暗く、ハイライト領域を明るくする、S字型に設定します。グラフを対角線に割り、トーンカーブが右下の領域に入ると暗くなり、左上の領域に入ると明るくなります。
横軸 [入力] の階調レベルは 0 〜 255 まであり、「0」は黒色、「128」は中間調 (50% グレー)、「255」は白色です。縦軸 [出力] が同じ数値のとき、トーンカーブの調整は行われません。たとえば、中間調を明るくしたい場合は、トーンカーブを上部に膨らませ、[出力] の数値を「128」より大きくします。

フィルム写真の王道をゆく

これから行う操作は、Instagram 風に画像を加工する方法です。「X-PRO II」の特徴は、色かぶりハイコントラストビネット効果など、フィルム写真の王道ともいえる要素が、バランスよく盛り込まれていることです。黄みがかった色調青みがかった色あせとをうまく対比させましょう。
元画像→インスタグラム X-PRO II 風
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

トーンカーブを設定する

素材画像を開きます。素材画像は、[幅 : 1920 pixel]、[高さ : 1227 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGBカラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
photo by ちゃぁみい
作業を始める前に!
素材画像のトリミングやピクセルサイズの変更を行う場合は、作業を始める前に済ませておいてください。
[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [トーンカーブ] を選択して、[トーンカーブ 1] を作成します。
[トーンカーブ 1] を作成

[トーンカーブ 1] を作成
すると、[属性] パネルに、[トーンカーブ] の設定を行うダイアログボックスが表示されます。
[トーンカーブ] ダイアログ

[トーンカーブ] ダイアログ
トーンカーブとは?
トーンカーブの作成は、設定した後でも編集できる調整レイヤーを利用することが一般的です。 基本的な操作は、正方形のグラフ(ヒストグラム)を対角線に横切る「線」の傾きを変えたり、曲げを加えたりすることで、画像の色調を補正します。
ここでは、カラーバランスに大きな変化を加えるため、RGB チャンネルごとに、それぞれトーンカーブの設定を行います。

チャンネル [レッド] の設定

チャンネルに [レッド] を選択します。
トーンカーブをクリックして、ポイントを追加します。
[入力] に「64」、[出力] に「48」を入力します。
トーンカーブの形状を確認します。
トーンカーブをクリックしてポイントを追加

トーンカーブをクリックしてポイントを追加
トーンカーブの形状を下部に膨らませると、緑がかった色調に変わります。
緑がかった色調に変わる

緑がかった色調に変わる
さらに、ポイントを追加して、[入力] に「192」、[出力] に「208」を入力します。
ポイントを追加してそれぞれを設定

ポイントを追加してそれぞれを設定
【設定値】
[入力 : 0] [出力 : 0]
[入力 : 64] [出力 : 48]
[入力 : 192] [出力 : 208]
[入力 : 255] [出力 : 255]
チャンネル [レッド] のシャドウ領域を暗く、ハイライト領域を明るくする設定ができました。
チャンネル [レッド] の設定ができた

チャンネル [レッド] の設定ができた
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク