【レタッチ】老人を20歳くらい若返らせる方法【スマートポートレイト】

【レタッチ】老人を20歳くらい若返らせる方法【スマートポートレイト】

若返りを設定する

[スマートポートレイト] は、[表情]、[被写体]、[マスク設定] の3セクションに分けられていて、[被写体] セクションには、[年齢]、 [髪の量] という若返りの設定項目が含まれています。
元画像 → [年齢] と [髪の量] を設定
[ニューラルフィルター] パネルで、[ベータ版フィルター] をクリックします。
[スマートポートレイト] をクリックして有効にします。クラウドからダウンロード
[スマートポートレイト] を有効

[スマートポートレイト] を有効
右側にあるパラメーターで、[被写体] セクションの [年齢] にチェックマークを入れ、スライダーをドラッグして、「-25」に設定します。
[髪の量] にチェックマークを入れ、スライダーをドラッグして、「25」に設定します。
[スマートポートレイト] パラメーターを設定

[スマートポートレイト] パラメーターを設定
[スマートポートレイト] を使用した若返りの設定ができました。引き続き、[ニューラルフィルター] を設定するので [OK] はクリックしません。
若返りの効果を確認

若返りの効果を確認
違和感を抑える!
[スマートポートレイト] のしくみは、AI でよく似たサンプルをマップ情報としてチョイスし、元画像に移植するものもあります。[髪の量] などがそれにあたります。
元画像 → Max 値では顔の輪郭などに違和感が出る
元画像に無いものが足されるワケですから、当然、違和感が出る場合もあります。作例の場合は、頭が大きくなってしまい、人物の印象そのものが変わって見えます。Max 値を試してみて、違和感が出るようなら抑えるようにしましょう。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク