【レタッチ】JPEG圧縮の劣化をキレイに修正する方法【JPEGのノイズを削除】

【レタッチ】JPEG圧縮の劣化をキレイに修正する方法【JPEGのノイズを削除】

JPEG で書き出す

ここでは [ JPEG のノイズを削除 ] の理解を深めるため、レイヤーとレイヤーマスクを出力したので、元画像を PSD 形式で保存し、[ Web 用に保存 ] でプリセットから、JPEG 形式のファイルに出力します。
Photoshop のドキュメント ( PSD 形式 ) → JPEG 形式のファイルに出力
[ レイヤー ] パネルで、[ レイヤー 0 ] レイヤーサムネールをクリックします。
レイヤーサムネールをクリック
レイヤーサムネールをクリック
すると、ドキュメントが画像描画モードに切り替わります。
ドキュメントを通常表示に戻す
ドキュメントを通常表示に戻す
[ ファイル ] メニューから、[ 書き出し ] – [ Web 用に保存 ( 従来 ) ] を選択します。
[ Web 用に保存 ] ダイアログを表示
[ Web 用に保存 ] ダイアログを表示
[ Web 用に保存 ] ダイアログで、[ プリセット ] に [ JPEG 高 ] ( [ 高画質 ] ) を選択し、[ 保存 ] をクリックします。
[ Web 用に保存 ] ダイアログを設定
[ Web 用に保存 ] ダイアログを設定
JPEG 形式でファイルを書き出すことができました。
[ Web 用に保存 ] で保存した JPEG 画像 → JPEG のノイズを削除
JPEG の劣化を抑える!
出力時の圧縮率により、JPEG 特有の段差やノイズを抑えることができます。[ 画質 ] に [最高画質] を選択すると、圧縮率に [ 100 ] % が設定されます。
[ 画質 ] のプリセットを選択する
[ 画質 ] のプリセットを選択する
圧縮率 100 % では、画像を劣化させる圧縮が適用されないので、元画像の品質が保てますが、ファイル容量は大きくなります。[ 画質 ] に [ 高画質 ] を選択すると、圧縮率に [ 80 ] % が設定されます。
1234

スポンサード リンク