【自動処理】3種類のファイル変換を同時に行う方法【イメージプロセッサー】

【自動処理】3種類のファイル変換を同時に行う方法【イメージプロセッサー】

【Photoshop基本操作】[イメージプロセッサー] は、アクションを必要としないファイル変換に特化した機能です。JPEG、PSD、TIFF の3つのファイル形式が同時に自動処理できます。たとえば、画像のサイズを変更し、オリジナルサイズとサムネールを同時に作成することができます。



アクションがいらない!
自動処理にはアクションがつきものですが、この [イメージプロセッサー] は、アクションを必要としません。なので、アクション設定が高いハードルになっている人には、気軽に自動処理を体感できる貴重な機能ですね。
詳細な設定は行えませんが、とにかく、Raw データを現像したい場合や、サムネール画像を出力したい場合など、シンプルなファイル変換なら十分威力を発揮します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ファイル形式の変換を自動化する

これから行う [イメージプロセッサー] を利用した自動処理は、Raw データの現像ファイル形式の変換画像サイズの変更を同時に行うものです。異なるファイル形式が3つまで設定できるので、用途に合わせた画像出力が簡単に自動化できます。
Raw データから3つのファイル形式を同時に出力する

Raw データから3つのファイル形式を同時に出力する

画像フォルダーを選択する

[ファイル] メニューから、[スクリプト] → [イメージプロセッサー] を選択します。[イメージプロセッサー] ダイアログで、[処理する画像を選択] セクションの [フォルダーを選択] の前にあるラジオボタンをクリックします。
[イメージプロセッサー] ダイアログ・処理する画像を選択

[イメージプロセッサー] ダイアログ・処理する画像を選択
[フォルダーを選択] をクリックします。
[フォルダーを選択] をクリック

[フォルダーを選択] をクリック

ソースフォルダーを選択

[ソースフォルダーを選択] ダイアログで、ファイル変換する画像ファイルのフォルダーを選択します。
[開く] をクリックをクリックします。
[ソースフォルダーを選択] ダイアログ

[ソースフォルダーを選択] ダイアログ
Raw データの場合
[設定を適用する前に画像を開く] にチェックマークを入れると、Camera Raw ファイルを処理する場合、[Camera Raw] ダイアログを開き、同じ設定を残りの画像に適用します。チェックマークを外しておくと、[Camera Raw] ダイアログを開かず、初期設定が適用されます。
[設定を適用する前に画像を開く] を有効

[設定を適用する前に画像を開く] を有効
続きは↓下の番号をクリック!

123

スポンサード リンク