写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風【1】

【Photoshop講座】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「Instagram」。その多彩なフィルターの中から、周辺を暗くコントラストを強くする「X-PRO II」を再現してみましょう。「X-PRO II」は、フィルム写真を象徴するようなハイコントラスト、黄みがかった色調、ビネット効果が特徴です。元のイメージを想像以上に変え、どんな素材もそれっぽく仕上げてくれる人気の高いフィルターのひとつです。


コントラストはS字型に設定!
色調補正では、コントラストを強くすることが多いです。このときトーンカーブの形状は、シャドウ領域を暗く、ハイライト領域を明るくする、S字型に設定します。グラフを対角線に割り、トーンカーブが右下の領域に入ると暗くなり、左上の領域に入ると明るくなります。横軸[入力]の階調レベルは0〜255まであり、「0」は黒色、「128」は中間調(50%グレー)、「255」は白色です。縦軸[出力]が同じ数値のとき、トーンカーブの調整は行われません。たとえば、中間調を明るくしたい場合は、トーンカーブを上部に膨らませ、[出力]の数値を「128」より大きくします。
写真を加工する動画を配信中!


            
トーンカーブ[レッド]を設定する
素材画像を開きます。
[Photoshop]操作パネル
[Photoshop]操作パネル photo by ちゃぁみい
画像のトリミングやピクセルサイズの変更を行う場合は、加工する前に済ませておいてください。
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックして、メニューから[トーンカーブ]を選びます。
[トーンカーブ]調整レイヤーを作成
[トーンカーブ]調整レイヤーを作成
トーンカーブは、対角線の形状を変えることで、調整する量を設定します。
[トーンカーブ]ダイアログ
[トーンカーブ]ダイアログ
カラーバランスを変えるため、RGBチャンネルごとにトーンカーブの設定を行います。
チャンネルに[レッド]を選択します。トーンカーブをクリックして、ポイントを追加します。[入力]に「64」、[出力]に「48」を設定します。
トーンカーブをクリックしてポイントを追加
トーンカーブをクリックしてポイントを追加
トーンカーブの形状を下部に膨らませると、緑がかった色調に変わります。
ドキュメント
ドキュメント
さらに、ポイントを追加して、[入力]に「192」、[出力]に「208」を設定します。
ポイントを追加してそれぞれを設定
ポイントを追加してそれぞれを設定
[入力:0][出力:0]
[入力:64][出力:48]
[入力:192][出力:208]
[入力:255][出力:255]
チャンネル[レッド]のシャドウ領域を暗く、ハイライト領域を明るくする設定ができました。
チャンネル[レッド]の設定ができた
チャンネル[レッド]の設定ができた
続きは↓下の番号をクリック!
            

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です