基本がわかる!ガイドの作成

基本がわかる!ガイドの作成

基本がわかる!ガイドの作成

prevnext

CHAPTER-05

ガイドの表示・非表示

ガイドの表示・非表示とは、作成したガイドを保持しながら、一時的に表示・非表示する操作です。ガイドを非表示にすると、ガイドに吸着するスナップ機能の効きめがなくなるので、[ブラシツール] で自由に描画したい場合などに活用します。
ガイドを作成したドキュメント → ガイドを一時的に非表示
【操作方法】
ガイドを作成したドキュメントを開きます。
ドキュメントを開く

ドキュメントを開く
[表示] メニューから、[表示・非表示] → [ガイド] を選択、または、[command (Ctrl)] + [:] キーを押します。
ガイドを表示 / 非表示 : [command (Ctrl)] + [:]
[ガイド] を選択

[ガイド] を選択
ガイドを一時的に非表示することができました。
ガイドを一時的に非表示

ガイドを一時的に非表示
ガイドの消去とは違う!
一時的にガイドを非表示にするのが [表示・非表示] → [ガイド]、それまで作成したガイドをリセットするのが [ガイドを消去] です。
ガイドは、出力に反映されない仮の基準線ですから、せっかく作成したガイドは残しておく方が得策です。表面上、ガイドが見えなくなることは共通していますが、ガイドの表示・非表示と消去は、根本的な内容が異なっているので注意しましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
基本がわかる!ガイドの作成

prevnext

スポンサード リンク