基本がわかる!新規画像の作成方法

基本がわかる!新規ドキュメントの作成・CC 2015(従来型)【1】プリセットで作成する

【Photoshop基本操作】[新規] コマンドとは、「新しいドキュメント」を作成するためのコマンドです。新しいドキュメントとは、絵を描く前に用意する白いカンバスのようなもの。[新規] ダイアログでは、ファイル名や画像サイズ、解像度などを設定します。



プリセットを活用しよう!

新規ドキュメントは「白いカンバス」です。でも、どんなサイズが適用なのか、初級ユーザーの方は戸惑うことも多いでしょう。そんなときは、あらかじめ用意されている「プリセット」を活用しましょう。プリセットなら、作業に応じたカラーモードや解像度も合わせて設定してくれるので安心です。
1   2   3

プリセットとサイズですばやく作成する

[プリセット] には、あらかじめ設定されたドキュメントサイズが用意されていて、大まかな用途を選ぶメニューが表示されます。[サイズ] には、各用途から分けられたサイズがメニュー表示され、それぞれの用途に応じて、単位や解像度などが自動的に設定されます。

[新規] ダイアログを表示する

[ファイル] メニューから、[新規] を選択します。すると、新規ドキュメントの設定が行える [新規] ダイアログが表示されます。[ファイル名] は、保存時でも設定できます。
[新規] ダイアログ・[プリセット] を設定
[新規] ダイアログ
[ファイル] → [新規]
ショートカットキー : [command (Ctrl)] + [N]

[プリセット] を設定する

[新規] ダイアログで、[ドキュメントの種類] メニューから、任意のプリセット名を選択します。
[新規] ダイアログ・[プリセット] を設定
プリセット名を選択
ここでは、[ドキュメントの種類] に [日本標準用紙] を選択しました。
[サイズ] を設定する
[サイズ] メニューから、任意のサイズ名を選択します。
[新規] ダイアログ・[サイズ] を設定
[新規] ダイアログ
[新規] ダイアログ・[サイズ] を設定
サイズ名を選択
ここでは、[サイズ] に [A3] を選択しました。

内容を確認して実行する

設定内容を確認して、[OK] をクリックします。
設定内容を確認して [サイズ] をクリック
設定内容を確認して [サイズ] をクリック
設定した [ドキュメントの種類] と [サイズ] に応じて、単位や解像度なども自動的に設定されます。

標準用紙と解像度

たとえば、プリセットに [日本標準用紙] – [A3] を選択すると、解像度は 300 pixel/inch に設定されます。これは一般的 (欧米の?) なプリント出力の解像度で、[US 標準用紙] を選択しても、[写真] を選択しても同じ解像度が設定されます。日本における商業印刷の一般的な解像度は、350 pixel/inch とされていますから、混同しないように注意してください。

基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

標準ドキュメントとアートボードの違い

Photoshop CC 2015 から、アートボード機能が加わり、プリセット [Web] には、カンバスに変わりアートボードが設定されています。アートボードとは、作業領域を示すもので、複数のページをひとつのドキュメントに束ねるようなこともできます。異なるサイズのアートボードも同時に並べて表示できるので、使い方や便利さの幅は広がります。基本的なしくみや操作は、カンバスを [背景] とした標準ドキュメントと同じですが、[レイヤー] パネルの表示が異なるので注意しましょう。

[Photoshop 初期設定] (標準ドキュメント)

プリセットの [Photoshop 初期設定] は、[幅 : 180.59mm]、[高さ : 180.59mm]、[解像度 : 300 pixel/inch] で、Photoshop の「伝統的」なスタンダードサイズであった [幅 : 512 pixel]、[高さ : 512 pixel]、[解像度 : 72 pixel/inch] を mm 単位に変換し、解像度を 300 pixel/inch にアップしたものです。なぜこのサイズになったかは不明? 標準ドキュメントと Web 用アートボードとの棲み分けから、高解像度化されたものと思われます。主に印刷用のドキュメントを作成する場合に用います。
[新規] ダイアログで、[ドキュメントの種類] から、[Photoshop 初期設定] を選択します。
プリセットの設定内容を確認します。
[Photoshop 初期設定] を選択
[Photoshop 初期設定] を選択
[Photoshop] 操作パネル・[Photoshop 初期設定]
[Photoshop] 操作パネル
[Photoshop 初期設定] でドキュメントを作成すると、カンバスを [背景] とした標準ドキュメントが表示されます。[背景] は、作成する画像の領域 (印刷用紙の領域) を示すもので、たとえば、これより大きな画像をレイヤーとして配置した場合、カンバス外にはみ出した画像データは保持されますが、ドキュメントには表示されません。
[レイヤー] パネル・[Photoshop 初期設定]
[レイヤー] パネル (標準ドキュメント)

[Web] – [Web 一般 (1366,768)] (アートボード)

プリセットの [Web] – [Web 一般 (1366,768)] は、[幅 : 1366 pixel]、[高さ : 768 pixel]、[解像度 : 72 pixel/inch] で、16 : 9 の画面アスペクト比を持つ、ハイビジョン・ワイドテレビなどのサイズ (フルワイド XGA、FWXGA) です。[Web] に含まれるプリセットは、標準ドキュメントと異なり、作業領域を示すアートボードのサイズで作成されます。
[新規] ダイアログで、[ドキュメントの種類] から、[Web] を選択します。
[アートボードのサイズ] から [Web 一般 (1366,768)] を選択します。
プリセットの内容を確認します。
[新規] ダイアログ・[Web] - [Web 一般 (1366,768)]
[新規] ダイアログ
[Photoshop] 操作パネル・[Web] - [Web 一般 (1366,768)]
[Photoshop] 操作パネル
[Web] – [Web 一般 (1366,768)] でドキュメントを作成すると、アートボードの領域 (Web スクリーンの領域) を示すドキュメントが表示されます。標準ドキュメントの [背景] はなく、初期設定で [レイヤー 1] が作成され、その [レイヤー 1] を格納した [アートボード 1] で、作業領域が設定されます。アートボードの機能を標準ドキュメントで例えるなら、レイヤーマスクを追加した [グループ] のようなものが、ドキュメント全体を覆っているカンジです。
[レイヤー] パネル・[Web] - [Web 一般 (1366,768)]
[レイヤー] パネル (アートボード)

プリセットの [クリップボード] とは?

直前にコピーした画像の大きさを自動的に設定します。たとえば、現在開いている画像と同じサイズの新規画像を作成したい場合は、その画像サイズがわからなくても、すべてを選択してコピーした後、[新規] ダイアログを表示させれば、自動的に [クリップボード] を選択、画像サイズの数値が設定されています。クリップボードは、新規画像を作成するときの時短技としもよく使います。
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3

スポンサード リンク