基本がわかる!新規画像の作成方法

基本がわかる!新規ドキュメントの作成・CC 2015 (従来型)

【Photoshop基本操作】[新規] コマンドとは、「新しいドキュメント」を作成するためのコマンドです。レガシー・インターフェイスを使用すると、バージョン CC 2015 以前のダイアログを表示させることができます。


レガシーで行こう!
新しいドキュメントは、絵を描く前に用意する白いカンバスのようなものです。でも、どんなサイズが適用なのか、初級ユーザーの方は戸惑うことも多いでしょう。
そんなときは、あらかじめ用意されている「プリセット」を活用しましょう。レガシー・インターフェイスならではの使いやすさで、スピーディーに作成しましょう。
基本がわかる!新規ドキュメントの作成
CC 2015 (従来型)

prevnext

CHAPTER-01

プリセットで作成する

[ドキュメントの種類] には、あらかじめ定義された設定が用意されていて、大まかな用途を選ぶメニューが表示されます。[サイズ] には、各プリセットの種類から分けられたサイズがメニュー表示され、それぞれの用途に応じて、単位や解像度などが自動的に設定されます。
[ドキュメントの種類] を選択 → [サイズ] を選択
【操作方法】
[ファイル] メニューから、[新規] を選択します。
[ファイル] → [新規]

ショートカットキー : [command (Ctrl)] + [N]

すると、新規ドキュメントの設定が行える [新規] ダイアログが表示されます。[ファイル名] は、保存時でも設定できます。
[新規] ダイアログ (初期設定)

[新規] ダイアログ (初期設定)
レガシーを使用するには?
CC 2015 以降のバージョンでも、従来型の [新規] ダイアログ・インターフェイスを使用することができます。
[Photoshop (編集)] メニューから、[環境設定] → [一般] を選択します。[環境設定] ダイアログで、[オプション] セクションの [従来の「新規ドキュメント」インターフェイスを使用] にチェックマークを付けて、[OK] をクリックします。
[環境設定] ダイアログを設定

[環境設定] ダイアログを設定

ドキュメントの種類

[新規] ダイアログで、[ドキュメントの種類] のプリセットメニューから、任意のプリセット名を選択します。
[ドキュメントの種類] をクリック

[ドキュメントの種類] をクリック
ここでは、[ドキュメントの種類] に [日本標準用紙] を選択しました。
プリセット名を選択

プリセット名を選択

サイズの選択

[サイズ] のプリセットメニューから、任意のサイズ名を選択します。
[新規] ダイアログ・[サイズ] を設定

[サイズ] をクリック
ここでは、[サイズ] に [A3] を選択しました。
[新規] ダイアログ・[サイズ] を設定

サイズ名を選択

内容を確認して実行

設定した [ドキュメントの種類] と [サイズ] に応じて、単位や解像度なども自動的に設定されます。
プリセットの設定内容を確認して、[OK] をクリックします。
設定内容を確認して [OK] をクリック

設定内容を確認して [OK] をクリック
標準用紙と解像度
たとえば、プリセットに [日本標準用紙] – [A3] を選択すると、解像度は 300 pixel/inch に設定されます。
これは一般的 (欧米の?) なプリント出力の解像度で、[US 標準用紙] を選択しても、[写真] を選択しても同じ解像度が設定されます。日本における商業印刷の一般的な解像度は、350 pixel/inch とされていますから、混同しないように注意してください。
基本がわかる!新規ドキュメントの作成
CC 2015 (従来型)

prevnext

スポンサード リンク