最初に覚えたい!フォントの基礎知識5選

最初に覚えたい!フォントの基礎知識5選

最初に覚えたい!フォントの基礎知識5選

prevnext

SELECT_02

フォントスタイル

フォントスタイルとは、フォントファミリーの書体バリエーションで、統一デザインにより、文字の太さや長体、斜体などに分類されたもの示します。
フォントファミリーの書体バリエーション

フォントファミリーの書体バリエーション
文字のバランスや懐の広さなどを規定した中心線を「骨格」といい、骨格に肉付けしていくデザインを「字形」、または「エレメント」といいます。
骨格とエレメント

骨格とエレメント
骨格は文字の原型なので、文字の構造そのものを大きく変えるようなことができません。言い換えれば、同じ骨格を持つものでもエレメントが変われば、まったく別の書体に生まれ変わるわけです。
フォントスタイルの分類!
正体を意味するローマン (Roman) を中心に、フォントファミリー内のフォントスタイルを分類すると、太さの変化横幅の変化に分けられます。横幅の変化であるエクステンデッド (Extended) とコンデンスド (Condensed) は、別のフォントファミリーを形成している場合もあります。
フォントスタイルの主な分類

フォントスタイルの主な分類
斜体を意味するイタリック (Italic) にも、太さの変化と横幅の変化があり、同じフォントファミリーに属しています。しかし、ほとんどの書体は専用設計となるので、バリエーションは少ない傾向にあります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ウェイト

ウェイト (Weight) とは、文字の太さによる書体バリエーションのことです。欧文書体の一般的なウェイトには、ローマン (Roman)、レギュラー (Regular)、メディウム (Medium) が標準を示し、それより細いものがライト (Light)、ティン (Thin)、太いものがボールド (Bold)、ブラック (Black) などに分類されます。
ウェイトの変化

ウェイトの変化
ウェイトが変化しても、骨格は共通したものを使用しますが、カウンターの詰まりやバーの長さなど、視覚的にバランスを整える調整が行われている場合もあります。
ウェイトの違いによる骨格の変化

ウェイトの違いによる骨格の変化

ボールド / 太字

ボールド (Bold) とは、欧文書体の標準の文字を太くした書体バリエーションのことで、デザインは新たに書き起こされている場合が多いです。デミ・ボールド (Demi Bold) は、標準とボールドの中間に位置し、和文書体では「中太 (ちゅうぶと)」にあたります。
ローマンとボールド

ローマンとボールド

イタリック / 斜体

イタリック (Italic) とは、欧文書体の標準の文字を約12度斜めにした書体バリエーションのことで、デザインは新たに書き起こされている場合が多いです。イタリックをオブリーク (Oblique) と呼ぶこともあり、基になる正体をローマン (Roman) と呼ぶ場合もあります。
イタリックとボールド・イタリック

イタリックとボールド・イタリック

コンデンスド / 長体

コンデンスド (Condensed) とは、欧文書体の標準の文字幅を狭めた書体バリエーションのことで、デザインは新たに書き起こされている場合が多いです。
ローマンとボールド

ローマンとボールド

エクステンデッド / 平体

エクステンデッド (Extended) とは、欧文書体の標準の文字幅を拡げた書体バリエーションのことで、デザインは新たに書き起こされている場合が多いです。
ローマンとボールド

ローマンとボールド
フォント名を見ればわかる!
フォントスタイルは、書体バリエーションの種類を示すものですが、欧文書体の場合、その種類が数多くあるので、フォント名の末尾に付けて、ひとつの「フォント」として認識されます。
フォントスタイルの略名

フォントスタイルの略名
また、元となるフォントから派生して、さまざまなフォントスタイル専用にデザインされたものや、独自のフォント名を付けられたものもあります。フォントスタイルのあらましを知って、フォント選びを効率的に行いましょう。
最初に覚えたい!フォントの基礎知識5選

prevnext

スポンサード リンク