Shadows」タグアーカイブ

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ

【Photoshop講座】水彩画の一般的なイメージは、顔料を薄くぼかしながら塗り重ねていく、透明水彩 (ウォーターカラー) という画法でしょう。不透明絵具を塗り重ねて行く画法との大きな違いは、用紙の地色を活かしながら彩色していくことです。風景写真を素朴な水彩画風に仕上げてみましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!江戸時代の手摺り木版画風

写真をイラスト調に!江戸時代の手摺り木版画風

【Photoshop講座】木版画風のタッチは、輪郭から起こす力強い黒い線で作成しますが、写真素材が逆光などで暗い場合は、色を付けたい部分まで黒くつぶされてしまいます。あらかじめ、影を明るく鮮やかにしておくと、検出できる輪郭線もシャープにできます。完成を予測して作業を組み立てましょう。

続きを読む

基本がわかる!シャドウ・ハイライト

基本がわかる!シャドウ・ハイライト

【Photoshop基本操作】[シャドウ・ハイライト] とは、画像を単に明るくしたり暗くしたりするだけでなく、シャドウ、ハイライトのそれぞれの領域で詳細な調整ができる機能です。たとえば、逆光で暗くなった被写体を明るくする場合に適しています。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方

【Photoshop基本操作】コントラストを高めるため、意味もわからずスライダーをいじくっていませんか? 色調補正の最強ツール [トーンカーブ] を使いこなすために、まず、色調補正のしくみがわかりやすい [レベル補正] を用いて、「黒ツブレ」や「白トビ」といった、失敗をしない補正方法を学びましょう。

続きを読む

基本がわかる!色調補正の考え方

基本がわかる!色調補正の考え方

【Photoshop基本操作】色調補正とは、画像データをイメージどおりに調整することです。でも、「どのツールを選べばいいの?」とか、「使い方がわからない」と思っている人も多いはず。スライダーをいじくる前に、ほんのちょっと、色調補正のポイントや原理を知っておきましょう。正確な補正を効率よく、ツールを自由に操るために!

続きを読む