タグ別アーカイブ: Photo Manipulation

【効果】逆光の位置を正確に設定する方法【詳細な光源の位置】

【効果】逆光の位置を正確に設定する方法【詳細な光源の位置】

【Photoshop基本操作】まるで本物のカメラで撮影したようなレンズフレアを加えられる[逆光]フィルター。しかし、思いどおりの位置に設定できないと感じたことはありませんか? 実は小さなプレビュー内に隠された詳細設定があります。[詳細な光源の位置]オプションは、座標値で逆光の位置を正確に設定できます。

続きを読む

【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【Photoshop基本操作】一般的な色調補正は、元画像のカラー情報を増減させて行いますが、別画像のカラー情報に置き換えて色調変換するのが[カラーの適用]です。たとえば、静寂な青い海を、エネルギッシュな夕景に変えることだって可能です。

続きを読む

【色調補正】特定の色だけ残してモノクロにする方法【色域指定】

【色調補正】特定の色だけ残してモノクロにする方法【色域指定】

【Photoshop基本操作】モノクロ写真の一部分だけの色を残す「パートカラー」は、色の印象や主体を強調できるので、雑誌や広告の分野ではポピュラーな手法です。素材画像の「効かし色」を決めて、違和感のないマスクをスピーディに作成しましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!変幻自在の抽象イメージ

写真をイラスト調に!変幻自在の抽象イメージ

【Photoshop講座】Photoshop の描画モードは、キー操作で順番に切り替えられます。思わぬ効果や発見がある変幻自在の画像合成は、簡単でスピーディーな操作ができてこそ活かされるのではないでしょうか。次々に繰り出される適用結果から選出し、花の画像から抽象イメージを作成しましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

【Photoshop講座】印刷物などに用いられる「ハーフトーン(ドット)」を誇張した表現方法は、写真をイラスト調にする技法としてよく使われています。大小のドットだけで構成される色彩や陰影は大変面白いですね。このハーフトーンの効果にプラスして、これもまたポピュラーな「ポスタリゼーション」を加えると、単純化したディテールや階調で、おしゃれ度がアップします。

続きを読む

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

【Photoshop講座】水彩画の一般的なイメージは、顔料を薄くぼかしながら塗り重ねていく、透明水彩(ウォーターカラー)という画法でしょう。不透明絵具を塗り重ねて行く画法との大きな違いは、用紙の地色を活かしながら彩色していくことです。風景写真を素朴な水彩画風に仕上げてみましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!ポップで丸いドットモザイク

写真をイラスト調に!ポップで丸いドットモザイク

【Photoshop講座】四角いモザイク処理を丸いドットに変えると、キュートでオシャレなポップアートになります。画像加工ではオーソドックスな様式ですが、これが意外と難しいのです。細かいドットには干渉する性質があって、意図しない縞模様が現れたりするからです。[カラーハーフトーン]と[モザイク]を組み合わせて、ポップで丸いドットモザイクを作成しましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

【Photoshop講座】写真ではわかりにくい部分を精密に描き出す「テクニカル・イラストレーション」は、自動車や家電製品などの技術的な情報を、視覚的に伝達するための技法です。カーマニアの興味をグッと掴むポイントは、シャープなシルエットと克明な陰影。写真の生っぽさを消し、エアブラシで描かれたような精悍なタッチで仕上げましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!パスで作成する2階調化

写真をイラスト調に!パスで作成する2階調化

【Photoshop講座】パスやシェイプで作成したベクトル画像は、ファイル容量を軽減でき、どんなドキュメントサイズでも、劣化することなく対応できるメリットがあります。しかし、パスやシェイプで複雑なアートワークを作成するには、テクニックも必要ですし手間もかかります。たとえば、2階調化と同じような処理なら、選択範囲から簡単にパスやシェイプを作成できます。

続きを読む

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

【Photoshop講座】画像を合成するとき、描画モードを設定すると、さまざまな結果が生成されます。異なる描画モードを片っ端から試してみるのもいいですが、描画モードの「中性色」を知っておくと、引き出しから取り出すスピードが速くなります。人物の肌にひび割れた土の画像を合成して、描画モードの特性を理解しましょう。

続きを読む