タグ別アーカイブ: 文字ツール

【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

【Photoshop講座】既存フォントを劣化させる手法は、情緒的なイメージが簡単に演出できるので、タイトルや商品名などに幅広く使われています。複写機を何度も通して、繊細な形がつぶれてしまったタイプライター風のロゴを作成しましょう。

続きを読む

【文字&レイアウト】アンチエイリアスを無効にする方法【ビットマップフォント】

【文字&レイアウト】アンチエイリアスを無効にする方法【ビットマップフォント】

【Photoshop基本操作】アンチエイリアスを無効にすると、フォントの形状を構成するドットは、白と黒にはっきり分割されます。しかし、ドットデザインが用意されていないアウトラインフォントでは、読みづらいギザギザの形状になるだけです。適切なビットマップフォントを使用して、小さな文字をはっきり鮮明にしましょう。

続きを読む

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【Photoshop基本操作】文字の変形なんてカンタン! と思っていませんか? 素材画像のパースに合わせた変形は、フリーハンドで行うべきではありません。なぜなら、変形の違和感はもちろん、余白とのバランスがとても重要だからです。テキストレイヤーをアウトライン化する[シェイプに変換]で、遠近法に忠実な文字の変形を行いましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【Photoshop講座】乗用車などに取り付けられた「メッキのエンブレム」は、カタログやポスターでもグラフィック化され、製品のイメージを伝える重要な役割を果たしています。その材質や質感を損なうことなくアレンジするテクニックは、デザイナーならマスターしておきたいですね。リアルな金属メッキの光沢感を表現しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!テーブルにこぼれた水滴の文字

【ロゴ】フォントでつくる!テーブルにこぼれた水滴の文字

【Photoshop講座】 ドキュメントに入力した文字を[ワープテキスト]で変形させて、テーブルの上に撒かれたような水の形を描き加え、[レイヤースタイル]の効果を組み合わせて、透明な水滴風に仕上げていきましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【Photoshop講座】新聞紙などが焼け焦げた処理は、文字型で抜く処理が加わると意外に簡単なものです。それは、形状が限られてしまうことで、不自然さを味方にできるから? なのかも知れません。2つのフィルターの組み合わせと、レイヤースタイルの効果だけで作成できる方法をご紹介しましょう。

続きを読む

【文字&レイアウト】ペーパークラフトのフキダシをつくる【ライブシェイプの属性】

【文字&レイアウト】ペーパークラフトのフキダシをつくる【ライブシェイプの属性】

【Photoshop基本操作】立体的な効果をデザインに取り入れたいとき、課題となることは、必要とされるピクセル数に対応できることや、内容に合わせたオブジェクトの再編集ができることです。二重枠の角丸では、内側と外側のバランスを取ることに苦戦します。それらの課題を克服できるフキダシを作成しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字

【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字

【Photoshop講座】ラフな下書き線があると、鉛筆スケッチ風のムードは高まります。技法はいたってシンプルです。塗りつぶしレイヤーを利用したテキストのラスタライズや、スマートオブジェクトにフィルター効果を適用して、自由に再編集できる方法をマスターしましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!錆びた金属板の彫り文字

【ロゴ】フォントでつくる!錆びた金属板の彫り文字

【Photoshop講座】木版や金属板に文字を彫り込んだ効果は、背景に敷くテクスチャの明暗によって簡単に作成できます。これは影によって引き起こされる「視覚錯視」を利用したもので、ポイントは光の入射角に対して影を付けることです。テキストレイヤーにレイヤースタイルを適用して、文字型で彫り込まれたような効果をつくりましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!輪郭線だけの袋文字

【ロゴ】フォントでつくる!輪郭線だけの袋文字

【Photoshop講座】文字の輪郭線で構成される袋文字は、文字を目立たせる効果において最もベーシックな技法です。操作方法も比較的簡単で理解しやすいため、初級ユーザーの方が最初に習得できるテクニックとしてオススメできます。イメージぴったりのフォントを組むだけで、ロゴタイプにも活用できるインパクトを持つ袋文字を作成しましょう。

続きを読む