操作方法」タグアーカイブ

写真をイラスト調に!マンガ風景の描き方

写真をイラスト調に!マンガ風景の描き方

【Photoshop講座】漫画でよく見かける風景は、実際の写真をトレースしたものが多いです。スッキリ整理された線を素材から抽出して、ハーフトーンでそれっぽく仕上げましょう。

続きを読む

【テクスチャ】ゼロからつくる!放射状に広がる光

【テクスチャ】ゼロからつくる!放射状に広がる光

【Photoshop講座】放射状に広がる光は、登場感や疾走感などをアカデミックに表現できるので、情報、科学、環境、エネルギーといったテクノロジー分野で、会社案内、製品カタログなどのイメージとしてよく使われています。宇宙空間を高速で移動しているような、光の抽象的な背景アートを作成しましょう。

続きを読む

【テクスチャ】ゼロからつくる!大爆発の炎

【テクスチャ】ゼロからつくる!大爆発の炎

【Photoshop講座】何もないところから大爆発の炎を作成します。爆発の形状はランダムに生成されるため、結果は出たとこ勝負的ですが、[雲模様 2] の適用回数により変化する形状から簡単に選べるので、きっとイメージに合った「大爆発の炎」が見つかるでしょう。

続きを読む

【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【Photoshop講座】アスファルトは、岩石や鉱物系でありながら、都会的でカッコいい印象がありますね。黒いタールと小石が入り混じったゴツゴツした質感を誇張させて、ゼロからアスファルトのテクスチャを作成しましょう。

続きを読む

【テクスチャ】ゼロからつくる!木目調のテクスチャ

【テクスチャ】ゼロからつくる!木目調のテクスチャ

【Photoshop講座】ランダムに生成した模様をベースに、トーンカーブで縞状の木目模様を刻んでいきます。表面の質感や反射する光を加えて、生木にオイルフィニッシュを施したような色に仕上げましょう。

続きを読む

【テクスチャ】ゼロからつくる!筋入りクラフト紙

【テクスチャ】ゼロからつくる!筋入りクラフト紙

【Photoshop講座】筋入りクラフト紙とは、封筒や洋裁の型紙などに使用される、細かい縞模様が入ったクラフト紙の一種です。ハトロン紙とも呼ばれています。表面に紙のたわみを付け、繊細でレトロな風合いを再現してみましょう。

続きを読む

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【Photoshop基本操作】CMYK の4色から2色を選んで調整する「2色刷り」は、印刷コストを大幅に抑える技法として、古くから商業印刷の分野で行われています。Photoshop での色分解は、[チャンネルミキサー] を使って、CMYK の各チャンネルを調整します。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

【Photoshop講座】キラキラ輝く演出には、光源から放たれる線 (光条) を交差させる「クロス」がポピュラーです。6本の光条がある「スノークロス」を疑似的に作成して、金属の立体文字に配置しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!透明アクリルの押し出し文字

【ロゴ】フォントでつくる!透明アクリルの押し出し文字

【Photoshop講座】このレッスンは、難しい「3D 機能」を使わない簡単な方法です。入力した好みのフォントから、透明アクリルの立体効果をつくり出すことができます。ポップでキュートなロゴを作成しましょう。

続きを読む

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【Photoshop基本操作】画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ディテールを保持 2.0] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。

続きを読む