写真を絵画調に!」タグアーカイブ

写真をイラスト調に!鉛筆で描いたスケッチ風

写真をイラスト調に!鉛筆で描いたスケッチ風

【Photoshop講座】写真をイラスト調にするポピュラーな手法としてスケッチ風があります。しかし、思うような効果が出ないことも多いですよね? その原因のひとつは用紙の風合いです。鉛筆のタッチは用紙の質感によって擦れるので、それがないと違和感を感じるワケです。女性の写真を鉛筆で描いたスケッチ風に加工しましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【5】

【Photoshop講座】パステル画の最大の特徴である「ホワイト」を加える作業を行います。人物のハイライト部分の「ホワイト」は、粗いタッチの [色鉛筆] を用い、大胆に仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【4】

【Photoshop講座】人物にパステル画風のタッチをつける作業を行います。タッチと言っても、これは演出としての擬似的なものなので、少し誇張させた方が効果的です。タッチに使用する [色鉛筆] は、描画モード [ハードライト] で合成することを前提に設定します。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【3】

【Photoshop講座】パステル画の最大の特徴である「ホワイト」を加える作業を行います。人物のハイライト部分の「ホワイト」は、粗いタッチの [色鉛筆] を用い、大胆に仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【2】

【Photoshop講座】切り抜いた人物の背景に、クラフト紙の画像を敷く作業を行います。ここでは、保存した選択範囲からレイヤーマスクを作成して切り抜く方法を取り、後の作業の合成をひとつのレイヤーマスクで効率的に行うため、グループを作成して適用します。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【1】

【Photoshop講座】「パステル」とは、顔料を棒状に固めた絵の具です。場所を選ばず手軽に描くことができるため、デッサンやスケッチに用いられる場合が多いです。白色が効果的に使えるクラフト紙を背景にして、写真の人物をダークな色調のパステル画風に仕上げましょう。作例には、人物の簡単な切り抜き方や、アルファチャンネルの活用方法も含まれています。

続きを読む

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【5】

【Photoshop講座】ルネッサンス期の壁画をイメージした、重厚で落ち着いた色調に補正する作業を行います。補正には比較的に簡単で理解しやすい [色相・彩度] と [カラーバランス] を用い、ひび割れたテンペラ画風を仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【4】

【Photoshop講座】作成したひび割れ模様を重ね合わせ、フィルターの設定値を変えることで不規則性を出します。スマートオブジェクトに変換しておくと、フィルターの適用後も編集ができるので、このような作業では大幅な効率化が図れます。

続きを読む

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【3】

【Photoshop講座】ルネッサンス期の壁画は風化して、表面に細かいひび割れ模様が見られます。ここでは、写真などの素材画像を用いらず、Photoshop に備わっている機能だけで作成することにこだわりましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【2】

【Photoshop講座】[レンズ補正] の [周辺光量補正] という機能を使って、画像の周辺を暗くする作業を行いましょう。スマートオブジェクトに変換しておくと、元画像を保持しながら複数のフィルターが編集可能な状態で適用できます。

続きを読む