使い方」タグアーカイブ

【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法「パース編」【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【トリミング】足りない領域を一瞬で伸ばす方法「パース編」【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【Photoshop基本操作】背景にもう少し余裕が欲しい場合、無敵の AI 機能 [コンテンツに応じて拡大・縮小] を使えば、違和感なく、一瞬で伸ばすことができます。しかし、遠近感のある構図では、パースに段差が発生したり、偏った変形が加わったり、なかなか思うようにできません。そんなときは、画面を分割して、それぞれ個別に適用してみましょう。
続きを読む
【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【Photoshop基本操作】CMYK の4色から2色を選んで調整する「2色刷り」は、印刷コストを大幅に抑える技法として、古くから商業印刷の分野で行われています。Photoshop での色分解は、[ チャンネルミキサー ] を使って、CMYK の各チャンネルを調整します。
続きを読む
【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【Photoshop基本操作】CMYK 変換で失われた鮮やかな色は、RGB 変換するだけでは取り戻せません。彩度を上げるとトーンが弱くなってしまうし、元の状態に近付けるには大変苦戦します。そんなときは、Lab カラーモードを試してみましょう。今までの悩みが一気に解消できるかも?
続きを読む
写真をイラスト調に!フェアリー風のステンシルアート

写真をイラスト調に!フェアリー風のステンシルアート

【Photoshop講座】シェパード・フェアリーは、アメリカを代表する、ストリート・アーティストです。その独創的な配色や、抽象的に図案化された、肖像画のポスターなどが有名です。3色で刷られた、シルクスクリーンの技法を再現しましょう。
続きを読む
【Photoshop講座】置き換えるだけ!パッケージデザインをモックアップに貼る方法-アルミ蒸着フィルム編【2021】

【画像の変形】置き換えるだけ!パッケージデザインをモックアップに貼る方法【ワープ】

【Photoshop基本操作】あなたのデザインに置き換えるだけ!実物イメージが簡単に視覚化できる、モックアップの雛形ファイルです。チョコレート菓子の個包装に、はめ込み合成しましょう。
続きを読む
【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【Photoshop基本操作】スーパー解像度とは、ディテールの強化を機械学習して、縦横比2倍の大きさに自動変換します。しかし、Camera Raw に搭載されている機能なので、Photoshop で使えない、使い方がわからないなど、疑問だらけの機能でもあります。スーパー解像度を JPEG に適用して、その効果を検証してみましょう!
続きを読む
【レタッチ】金網をなかったように消す方法【コンじる】

【レタッチ】金網をなかったように消す方法【コンじる】

【Photoshop基本操作】細部の修正はもちろん、広範囲をごっそり穴埋めできる [コンテンツに応じた塗りつぶし] は、初期設定のままでも、驚くような結果が期待できます。「コンじる」で、金網をなかったように消しちゃいましょう!
続きを読む
【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【Photoshop基本操作】Illustrator で作成したアートワークは、Photoshop へコピー&ペーストして配置することができます。しかし、「ベクトル」と「ビットマップ」といった異なる画像形式であるため、用途に応じて4つのペースト形式が用意されています。それぞれの用途と特徴をご紹介しましょう。
続きを読む
基本がわかる!レイヤーの使い方

基本がわかる!レイヤーの使い方

【Photoshop基本操作】レイヤーは、Photoshop の中心的な役割を果たす大変重要な機能です。オブジェクトの配置を自由に移動できるほか、レイヤー同士を透かしたり混ぜ合わせてみたり、さまざまな方法で表現できる描画モードを持っています。まずは [レイヤー] パネルの基本的な操作を知ることから始めましょう。
続きを読む
写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

【Photoshop講座】写真ではわかりにくい部分を精密に描き出す「テクニカル・イラストレーション」は、自動車や家電製品などの技術的な情報を、視覚的に伝達するための技法です。クルマ好きを唸らせるポイントは、シャープな陰影と克明なディテールです。写真の生っぽさを消し、エアブラシで描かれたような精悍なタッチで仕上げましょう。
続きを読む