タグ別アーカイブ: 使い方

写真をイラスト調に!カラフルなアメリカン・ポップアート風

写真をイラスト調に!カラフルなアメリカン・ポップアート風

【Photoshop講座】「ポップアート」とは、1960年代のアメリカで誕生した現代芸術です。「リキテンスタイン」や「ウォーホル」などが有名ですね。写真やコミックといった商業ベースの素材を扱い、鮮やかな色で構成されたシルクスクリーン(孔版印刷)による技法が特徴です。あなたのプロフィール写真を、カラフルでアーティステックなアメリカン・ポップアート風にしましょう。

続きを読む

【効果】ぼかし具合を変えて料理を引き立てる方法【虹彩絞りぼかし】

【Photoshop基本操作】被写体にピントが合った効果は、周辺をぼかすことで行います。しかし、テーブルに置かれたコップや調味料入れなどが、同じようにボケてしまっては不自然ですね。部分的にぼかし具合(被写界深度)を調整できる[虹彩絞りぼかし]を使用すれば、まるで高性能カメラで撮影したようなイメージにすることができます。

続きを読む

【画像合成】円筒形の缶にラベルを貼る方法【ワープ】

【画像合成】円筒形の缶にラベルを貼る方法【ワープ】

【Photoshop基本操作】メッシュをコントロールする[ワープ]を使えば、円筒形に合わせたラベルの変形ができます。しかし、貼り付ける形状にパースがついていると難しいですね。そんなときは、[遠近法]の変形を組み合わせます。計画的な操作で、コーヒー缶にラベルデザインを貼り付けましょう。

続きを読む

【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【Photoshop基本操作】たとえば、ロゴタイプやシンボルマークなどは、複数のファイルに共通して配置されるものなので、その内容が変更されたら、ひとつずつ修正するのは大変面倒な作業となります。そんなときは、配置したひとつのコンテンツを書き出して、内容を修正したものに一括して置き換えましょう。

続きを読む

【画像合成】フレームツールで簡単にマスクする方法【フレームに変換】

【画像合成】フレームツールで簡単にマスクする方法【フレームに変換】

【Photoshop基本操作】別の画像をフレームの形で重ねたいときは[フレームツール]が便利です。直感的な操作ができて、合成画像の「非破壊編集」も自動設定してくれます。作業の効率化はもちろん、[フレームに変換]でシェイプレイヤーに対応しているので、好みの形状による「はめ込み合成」が可能です。

続きを読む

【ガイド】センター十字ガイドを速攻で引く裏技【切り抜きツール】

【ガイド】センター十字ガイドを速攻で引く裏技【切り抜きツール】

【Photoshop基本操作】センター十字ガイドとは、ドキュメントの中央で「十字」に交差するガイドです。フリーハンドで手早くと引きたいけど、座標値を計算するのが面倒ですね。そんなときは[切り抜きツール]を利用した裏技が便利です。

続きを読む

【効果】逆光の位置を正確に設定する方法【詳細な光源の位置】

【効果】逆光の位置を正確に設定する方法【詳細な光源の位置】

【Photoshop基本操作】まるで本物のカメラで撮影したようなレンズフレアを加えられる[逆光]フィルター。しかし、思いどおりの位置に設定できないと感じたことはありませんか? 実は小さなプレビュー内に隠された詳細設定があります。[詳細な光源の位置]オプションは、座標値で逆光の位置を正確に設定できます。

続きを読む

【画像の変形】人物ポーズを操り人形のように変える方法【パペットワープ】

【画像の変形】人物ポーズを操り人形のように変える方法【パペットワープ】

【Photoshop基本操作】[パペットワープ]を使えば、人物のポーズを操り人形のように変えることができます。しかし、身体に重なっている腕は動かすことができません。そんなときは、選択範囲でパーツに分け、部分的に適用しましょう。

続きを読む

【選択範囲】指定色をスムーズな階調で選択する方法【色域指定】

【選択範囲】指定色をスムーズな階調で選択する方法【色域指定】

【Photoshop基本操作】画像全体から特定領域を選択するには、「明度」で判断する方法と、「色域」で判断する方法があります。選択ツールの多くは「色域」を選択できますが、選択されるピクセルがはっきり分かれてしまうのが特徴です。物に反射した色など、スムーズな階調を選択したい場合は、[色域指定]を使用します。

続きを読む

【レタッチ】ジャギーを除去して滑らかにする方法【2階調化】

【レタッチ】ジャギーを除去して滑らかにする方法【2階調化】

【Photoshop基本操作】ビットマップ画像の特徴であるジャギー(ギザギザ線)は、曲線や斜線の輪郭に現れやすく、「2階調化」や「ポスタリゼーション」といった効果を加えると、さらにそれは際立って気になる存在となります。擬似的なアンチエイリアス処理でジャギーを除去して、輪郭を滑らかにする方法をご紹介しましょう。

続きを読む