タグ別アーカイブ: レイヤースタイル

【テクスチャ】ゼロからつくる!廃工場の赤錆びた鉄板

【テクスチャ】ゼロからつくる!廃工場の赤錆びた鉄板

【Photoshop講座】廃退的な世界観を表現できる錆鉄は、映画やゲームなどのタイトルバックでよく見られます。ランダムな斑点模様から粗い粒子を生成し、ゴツゴツと隆起した塗料の剥がれた様子を[ベベルとエンボス]で立体的に表現しましょう。

続きを読む

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【画像合成】パースに合わせて文字を変形する方法【シェイプに変換】

【Photoshop基本操作】文字の変形なんてカンタン! と思っていませんか? 素材画像のパースに合わせた変形は、フリーハンドで行うべきではありません。なぜなら、変形の違和感はもちろん、余白とのバランスがとても重要だからです。テキストレイヤーをアウトライン化する[シェイプに変換]で、遠近法に忠実な文字の変形を行いましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキの立体文字

【Photoshop講座】乗用車などに取り付けられた「メッキのエンブレム」は、カタログやポスターでもグラフィック化され、製品のイメージを伝える重要な役割を果たしています。その材質や質感を損なうことなくアレンジするテクニックは、デザイナーならマスターしておきたいですね。リアルな金属メッキの光沢感を表現しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!テーブルにこぼれた水滴の文字

【ロゴ】フォントでつくる!テーブルにこぼれた水滴の文字

【Photoshop講座】 ドキュメントに入力した文字を[ワープテキスト]で変形させて、テーブルの上に撒かれたような水の形を描き加え、[レイヤースタイル]の効果を組み合わせて、透明な水滴風に仕上げていきましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【Photoshop講座】新聞紙などが焼け焦げた処理は、文字型で抜く処理が加わると意外に簡単なものです。それは、形状が限られてしまうことで、不自然さを味方にできるから? なのかも知れません。2つのフィルターの組み合わせと、レイヤースタイルの効果だけで作成できる方法をご紹介しましょう。

続きを読む

【スタイル】金属・メタルネーム 2【フリー】

【スタイル】金属・メタルネーム 2【フリー】

【Photoshopレイヤースタイル】クリックひとつで、リアルな質感や陰影が適用できる「オリジナル・レイヤースタイル」です。「メタルネーム 2」は、金属表現をよりシンプルにグラフィック化し、使い勝手の良さを追求しました。ゴールド、シルバー、ブロンズのカラーバリエーション3色にそれぞれスタイルバリエーション4種セットです。

続きを読む

【スタイル】グラフィック・ポスタライズ【フリー】

【スタイル】グラフィック・ポスタライズ【フリー】

【Photoshopレイヤースタイル】クリックひとつで、リアルな質感や陰影が適用できる「オリジナル・レイヤースタイル」です。「ポスタライズ」は、画像の色数を減らし階調に段差をつける効果をイメージしました。階調変化を象徴するグレーを基調としたノーマルタイプと、補色などの対比を際立たせたグラフィックタイプのカラーバリエーション12色セットです。

続きを読む

【スタイル】グラフィック・USA スターズ【フリー】

【スタイル】グラフィック・USA スターズ【フリー】

【Photoshopレイヤースタイル】クリックひとつで、リアルな質感や陰影が適用できる「オリジナル・レイヤースタイル」です。「USA スターズ」は、アメリカの星条旗をモチーフにしました。文字をくっきり強調するエッジとドロップシャドウが、元気で力強いアメリカンテイストを演出します。

続きを読む

【スタイル】グラフィック・ステンシルテンプレート【フリー】

【スタイル】グラフィック・ステンシルテンプレート【フリー】

【Photoshopレイヤースタイル】クリックひとつで、リアルな質感や陰影が適用できる「オリジナル・レイヤースタイル」です。「ステンシルテンプレート」は、文字型にくり抜いた型紙をイメージしました。対象のオブジェクトに適用すると、その部分がくり抜かれます。透明ピクセルを表すチェッカー模様を加えたカラーバリエーション12色セットです。

続きを読む

【スタイル】樹脂・リフレクターライン【フリー】

【スタイル】樹脂・リフレクターライン【フリー】

【Photoshopレイヤースタイル】クリックひとつで、リアルな質感や陰影が適用できる「オリジナル・レイヤースタイル」です。「リフレクターライン」は、乗用車の後部にあるリフレクター(反射板)をイメージしました。スピード感のあるラインを取り入れた、シルバーフレームとゴールドフレームのカラーバリエーション12色セットです。

続きを読む