ピクセル」タグアーカイブ

【プリントサイズ】ディスプレイ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【プリントサイズ】ディスプレイ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【Photoshop基本操作】名刺やハガキなどの印刷物を作成するとき、パソコンのディスプレイ (モニタ) に実物の大きさを表示して確認することが必要です。Photoshop の [表示] メニューには、実物の大きさを表示できる [プリントサイズ] がありますが、選択しても同じ大きさにならないので、使用することをあきらめている方も多いのではないでしょうか? Photoshop の [スクリーン解像度] を調整して、ディスプレイ表示を「実物大」や「原寸大」といった、同じ大きさにすることを目指しましょう。

続きを読む

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【Photoshop基本操作】画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ディテールを保持 2.0] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。

続きを読む

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【Photoshop基本操作】Illustrator で作成したアートワークは、Photoshop へコピー&ペーストして配置することができます。しかし、「ベクトル」と「ビットマップ」といった異なる画像形式であるため、用途に応じて4つのペースト形式が用意されています。それぞれの用途と特徴をご紹介しましょう。

続きを読む

基本がわかる!画像解像度の設定

基本がわかる!画像解像度の設定

【Photoshop基本操作】画像解像度とは、画像データの「密度」です。パソコンのディスプレイ (モニタ) や家庭用テレビなどで用いられる「画面解像度」とは少し違います。画像データを構成する「ピクセル」を、一辺 1 インチあたりにいくつ含ませるかを示す単位「pixel/inch (ppi)」で表し、数値が大きくなるほど密度は細かくなり、数値が小さくなるほど密度は粗くなります。

続きを読む