タグ別アーカイブ: パス

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【Photoshop基本操作】Illustrator で作成したアートワークは、Photoshop へコピー&ペーストして配置することができます。しかし、「ベクトル」と「ビットマップ」といった異なる画像形式であるため、用途に応じて4つのペースト形式が用意されています。それぞれの用途と特徴をご紹介しましょう。

続きを読む

【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【Photoshop基本操作】[曲線ペンツール]は、曲線の曲がり具合を自動的に適用してくれるゴキゲンなツールです。パス操作の鬼門「方向線」を設定する必要がないので、直感的にクリックするだけで、定義に基づいた美しい曲線を作成することができます。これでパスの苦手を克服しましょう!

続きを読む

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

【Photoshop講座】写真ではわかりにくい部分を精密に描き出す「テクニカル・イラストレーション」は、自動車や家電製品などの技術的な情報を、視覚的に伝達するための技法です。カーマニアの興味をグッと掴むポイントは、シャープなシルエットと克明な陰影。写真の生っぽさを消し、エアブラシで描かれたような精悍なタッチで仕上げましょう。

続きを読む

【パターン】ゼロからつくる!アンモナイトの幾何学模様

【パターン】ゼロからつくる!アンモナイトの幾何学模様

【Photoshop講座】単純な図形を規則正しく並べたり重ねたりするだけで、幾何学模様は簡単に作成できます。でも、アンモナイトのような、らせん状の幾何学模様となると大変です。バウンディングボックスの[再実行]を利用すれば、正確な回転や縮小などを繰り返しながら連続複製が瞬時に行えます。

続きを読む

【選択範囲】選択しにくい境界線を正確に切り抜く【ペンツール】

【選択範囲】選択しにくい境界線を正確に切り抜く【ペンツール】

【Photoshop基本操作】[クイック選択ツール]や[色域指定]などでオブジェクトを選択する場合、背景と同系色であったり、細かい質感やノイズがあるほど、その難易度は高くなります。そんなとき頼りになるのは[ペンツール]です。操作は面倒で難しいものですが、意図する切り抜きが行え仕上がりもキレイです。

続きを読む

【選択範囲】基本図形を組み合わせて切り抜く【パス】

【選択範囲】基本図形を組み合わせて切り抜く【パス】

【Photoshop基本操作】パスを最初から描画することは難しいですが、コーヒーカップのような形状なら、基本図形を組み合わせるだけで簡単に作成できる場合もあります。滑らかで明瞭な曲線を持つオブジェクトを、すばやくきれいに切り抜くメリットもあります。パスの基本的な機能と操作を学びましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!パスで作成する2階調化

写真をイラスト調に!パスで作成する2階調化

【Photoshop講座】パスやシェイプで作成したベクトル画像は、ファイル容量を軽減でき、どんなドキュメントサイズでも、劣化することなく対応できるメリットがあります。しかし、パスやシェイプで複雑なアートワークを作成するには、テクニックも必要ですし手間もかかります。たとえば、2階調化と同じような処理なら、選択範囲から簡単にパスやシェイプを作成できます。

続きを読む

基本がわかる!パスの作成と使い方

基本がわかる!パスの作成と使い方

【Photoshop基本操作】「パスは苦手」と決めつけていませんか? 最も習得が困難とされる[ペンツール]ですが、複雑な操作を最初から覚える必要はありません。Photoshop では、画像の輪郭をなぞることが多いため、まず、その形を構成する「アンカーポイント」がどこにあるべきなのか? を考えることから始めます。解説の簡単な操作を試みてください。きっと、そうだったのか!と思うハズです。

続きを読む

基本がわかる!ツールの種類と使い方

基本がわかる!ツールの種類と使い方【4】ベクトル系ツール

【Photoshop基本操作】ベクトル系ツールとは、ビットマップ画像のドキュメントにおいて、解像度に依存しない特殊な働きをするツールのグループです。作成されたパスの選択や移動といった操作は、グループ内の[パス選択ツール]で行います。その他のツールとは、表示に関するツールのグループです。

続きを読む