タグ別アーカイブ: ドラッグ&ドロップ

【画像の配置】ファイルをドラッグ&ドロップして直接配置する方法【埋め込みを配置】

【画像の配置】ファイルをドラッグ&ドロップして直接配置する方法【埋め込みを配置】

【Photoshop基本操作】配置したい画像を開かず、ドキュメント内にファイルアイコンを直接ドラッグ&ドロップすることで、[埋め込みを配置]コマンドと同じ操作が行えます。あらかじめ選択範囲を作成しておくと、配置画像を中心点に合わせることができます。

続きを読む

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する【5】

【Photoshop基本操作】アクションを再生したい画像ファイルのアイコンを、[ドロップレット]アイコンにドラッグ&ドロップします。すると、ドラッグ&ドロップした画像ファイルが開き、[ドロップレット]に設定したアクションが自動的に再生されます。

続きを読む

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する【4】

【Photoshop基本操作】アクションが実行された後、ファイルを保存して閉じる操作は「バッチ処理」で行います。ここでは、保存場所のフォルダーを指定して、ファイルを上書きせずに別名で保存します。[ドロップレット]アイコンに画像をドラッグすると、開く→アクション再生→別名で保存→閉じるまでの一連の操作が自動処理されます。

続きを読む

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する【3】

【Photoshop基本操作】[ドロップレット]の実行オプションは、ダイアログや警告アラートの表示を省略して、自動処理をスピーディにするためのオプション項目です。アクション本体にも含まれている場合が多いので、チェックマークを全部外しておいても、別に問題はありません。

続きを読む

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する【2】

【Photoshop基本操作】[ドロップレット]の保存場所を選択し、実行するアクションを選択します。[ドロップレット]に適したアクションは、単体画像に適用できるものです。たとえば、画像を開くと同時にサイズを変更したり、複雑なフィルターの適用などに用いると、大幅な作業の効率化が図れます。

続きを読む

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する【1】

【Photoshop基本操作】[ドロップレット]を作成すると、そのアイコンにドラッグ&ドロップするだけで、記録した任意のアクションを再生することができます。たとえば、フォルダー内に保存された複数の画像ファイルから、アイコンプレビューで直感的に選び出し、すばやくアクションを適用することができます。

続きを読む