タグ別アーカイブ: スマートオブジェクト

【テクスチャ】ゼロからつくる!ギリシャの高級大理石

【テクスチャ】ゼロからつくる!ギリシャの高級大理石

【Photoshop講座】 2種類の「雲模様」をベースに、ギリシャ建築などで見られる高級大理石を描きます。ポイントは透明感と内蔵するカラー。驚くほど簡単に、しかもリアルに作れる方法をご紹介しましょう。

続きを読む

【テクスチャ】ゼロからつくる!青空と逆光の雲

【テクスチャ】ゼロからつくる!青空と逆光の雲

【Photoshop講座】ランダムな斑点模様を生成する「雲模様」をベースに、太陽が照り返る逆光の雲を描きます。ポイントは青空の色。驚くほど簡単に、しかもリアルに作れる方法をご紹介しましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

【Photoshop講座】印刷物などに用いられる「ハーフトーン(ドット)」を誇張した表現方法は、写真をイラスト調にする技法としてよく使われています。大小のドットだけで構成される色彩や陰影は大変面白いですね。このハーフトーンの効果にプラスして、これもまたポピュラーな「ポスタリゼーション」を加えると、単純化したディテールや階調で、おしゃれ度がアップします。

続きを読む

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

【Photoshop講座】水彩画の一般的なイメージは、顔料を薄くぼかしながら塗り重ねていく、透明水彩(ウォーターカラー)という画法でしょう。不透明絵具を塗り重ねて行く画法との大きな違いは、用紙の地色を活かしながら彩色していくことです。風景写真を素朴な水彩画風に仕上げてみましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!ポップで丸いドットモザイク

写真をイラスト調に!ポップで丸いドットモザイク

【Photoshop講座】四角いモザイク処理を丸いドットに変えると、キュートでオシャレなポップアートになります。画像加工ではオーソドックスな様式ですが、これが意外と難しいのです。細かいドットには干渉する性質があって、意図しない縞模様が現れたりするからです。[カラーハーフトーン]と[モザイク]を組み合わせて、ポップで丸いドットモザイクを作成しましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

【Photoshop講座】写真ではわかりにくい部分を精密に描き出す「テクニカル・イラストレーション」は、自動車や家電製品などの技術的な情報を、視覚的に伝達するための技法です。カーマニアの興味をグッと掴むポイントは、シャープなシルエットと克明な陰影。写真の生っぽさを消し、エアブラシで描かれたような精悍なタッチで仕上げましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字

【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字

【Photoshop講座】ラフな下書き線があると、鉛筆スケッチ風のムードは高まります。技法はいたってシンプルです。塗りつぶしレイヤーを利用したテキストのラスタライズや、スマートオブジェクトにフィルター効果を適用して、自由に再編集できる方法をマスターしましょう。

続きを読む

基本がわかる!画像の開き方

基本がわかる!画像の開き方【3】Bridge から画像を開く

【Photoshop基本操作】Bridge から画像を開くと、作成日やファイルサイズ、解像度などの情報が表示できます。デジタルカメラの画像なら、撮影データも表示できるので、露出やシャッタースピードなどの違いを比べながら選定することも可能です。

続きを読む

基本がわかる!画像の開き方

基本がわかる!画像の開き方【2】スマートオブジェクトとして開く

【Photoshop基本操作】スマートオブジェクトとは、Photoshop のファイルや「Adobe Illustrator」のファイルなどから、ビットマップ画像やベクトル画像のデータをドキュメントに埋め込むことができる機能です。[スマートオブジェクトとして開く]は、新規画像をスマートオブジェクトで作成する場合に用います。

続きを読む

基本がわかる!画像の開き方

基本がわかる!画像の開き方【1】PDF ファイルを開く

【Photoshop基本操作】PDF ファイルとは、電子文書のためのフォーマット(ファイル形式)で作成されたファイルです。Photoshop で PDF ファイルを開くと、文字や画像を含んだページ(レイアウト紙面)が、ひとつのビットマップ画像として読み込まれます。

続きを読む