スマートオブジェクト」タグアーカイブ

写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

【Photoshop講座】ポスタリゼーションとは、画像の階調数を減らす処理です。地形図の等高線のように、陰影や色の違いが段階的な層になるので、写真をイラスト調にする手法としてよく用いられます。このポスタリゼーションに輪郭線をプラスして、スッキリ&おしゃれな処理にバージョンアップしましょう。

続きを読む

【画像の変形】カンタンに盛れる!デカ目&小顔に加工する方法【顔立ちを調整】

【画像の変形】カンタンに盛れる!デカ目&小顔に加工する方法【顔立ちを調整】

【Photoshop基本操作】目を大きくしたり、スッキリ小顔にする画像加工が、プロパティをコントロールするだけでカンタンにできてしまいます。[顔立ちを調整] は、画像から自動的に顔を検出して、目、鼻、口はもちろん、顔の形状や額の広さまで、それぞれが詳細に調整できるので、不自然になりがちな印象も解消できます。

続きを読む

【画像合成】背景が透ける切り抜きグラスの合成方法【描画モード】

【画像合成】背景が透ける切り抜きグラスの合成方法【描画モード】

【Photoshop基本操作】画像にワイングラスを合成するには、不透明度で「半調」にしてはダメです。これじゃ幽霊みたいになってします (笑)。ガラスのくっきりした質感は、エッジの濃い部分と、光沢や映り込みの明るい部分を残しながら、背景が透けて見えるように調整しなければなりません。描画モードの [乗算] と [スクリーン] を活用してみましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!紙幣のような肖像画

写真をイラスト調に!紙幣のような肖像画

【Photoshop講座】紙幣のような肖像画は、緻密で繊細な線を重ね合わせて描かれています。そのレトロでアンテークな趣のある技法は、銅版画に属する「凹版彫刻・エングレービング」と呼ばれいます。4種類の平行線ハーフトーンを使って、写真を紙幣のような肖像画にする方法をご紹介しましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!江戸時代の手摺り木版画風

写真をイラスト調に!江戸時代の手摺り木版画風

【Photoshop講座】木版画風のタッチは、輪郭から起こす力強い黒い線で作成しますが、写真素材が逆光などで暗い場合は、色を付けたい部分まで黒くつぶされてしまいます。あらかじめ、影を明るく鮮やかにしておくと、検出できる輪郭線もシャープにできます。完成を予測して作業を組み立てましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!カラフルなアメリカン・ポップアート風

写真をイラスト調に!カラフルなアメリカン・ポップアート風

【Photoshop講座】「ポップアート」とは、1960年代のアメリカで誕生した現代芸術です。「リキテンスタイン」や「ウォーホル」などが有名ですね。写真やコミックといった商業ベースの素材を扱い、鮮やかな色で構成されたシルクスクリーン (孔版印刷) による技法が特徴です。あなたのプロフィール写真を、カラフルでアーティステックなアメリカン・ポップアート風にしましょう。

続きを読む

【画像合成】円筒形の缶にラベルを貼る方法【ワープ】

【画像合成】円筒形の缶にラベルを貼る方法【ワープ】

【Photoshop基本操作】メッシュをコントロールする [ワープ] を使えば、円筒形に合わせたラベルの変形ができます。しかし、貼り付ける形状にパースがついていると難しいですね。そんなときは、[遠近法] の変形を組み合わせます。計画的な操作で、コーヒー缶にラベルデザインを貼り付けましょう。

続きを読む

【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【Photoshop基本操作】たとえば、ロゴタイプやシンボルマークなどは、複数のファイルに共通して配置されるものなので、その内容が変更されたら、ひとつずつ修正するのは大変面倒な作業となります。そんなときは、配置したひとつのコンテンツを書き出して、内容を修正したものに一括して置き換えましょう。

続きを読む

【画像合成】フレームツールで簡単にマスクする方法【フレームに変換】

【画像合成】フレームツールで簡単にマスクする方法【フレームに変換】

【Photoshop基本操作】別の画像をフレームの形で重ねたいときは [フレームツール] が便利です。直感的な操作ができて、合成画像の「非破壊編集」も自動設定してくれます。作業の効率化はもちろん、[フレームに変換] でシェイプレイヤーに対応しているので、好みの形状による「はめ込み合成」が可能です。

続きを読む

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【Photoshop基本操作】Illustrator で作成したアートワークは、Photoshop へコピー&ペーストして配置することができます。しかし、「ベクトル」と「ビットマップ」といった異なる画像形式であるため、用途に応じて4つのペースト形式が用意されています。それぞれの用途と特徴をご紹介しましょう。

続きを読む