タグ別アーカイブ: サンプリング

【色調補正】色かぶりをワンクリックで除去する方法【トーンカーブ】

【色調補正】色かぶりをワンクリックで除去する方法【トーンカーブ】

【Photoshop基本操作】色かぶりとは、撮影時の「光源の色の違い」により起こる現象で、写真全体の色調が赤っぽかったり、青っぽかったりすることです。自動で行える便利機能もありますが、素材によっては、あまり効果が出ないものも当然あります。適切なサンプリングポイントを見極めて、自動に頼らずワンクリックで除去する方法をご紹介しましょう。

続きを読む

基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【5】スポイトツールの使い方

【Photoshop基本操作】[スポイトツール]の操作方法は極めてシンプルです。描画色や背景色に設定したいカラーを、ドキュメント内から探して直接クリックするだけです。ペイント系ツールを選択しているときにもショートカットキーで併用できたり、[カラーピッカー]ダイアログを開くと、自動的に[スポイトツール]に切り替わるなど、使用頻度が高いツールのひとつです。

続きを読む

基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【4】スウォッチパネルの使い方

【Photoshop基本操作】[スウォッチ]パネルとは、よく使う基本色を集めたパネルです。バージョン 7.0 までは[色見本]パレットと呼ばれていました。スウォッチライブラリには、「Web セーフカラー」や代表的なインクメーカーのメニューがあり、クリックですばやく色を指定したい場合に威力を発揮します。

続きを読む

基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【3】カラーパネルの使い方

【Photoshop基本操作】[カラー]パネルは、スライダー調整で色を指定することが特徴です。初期設定では「RGB スライダー」が表示され、クリックで色を選択するカラーランプは「CMYK スペクトル」が表示されています。HSB、CMYK、Web などのカラーモデルを選択することができます。

続きを読む

基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【2】カラーピッカーの使い方

【Photoshop基本操作】カラーピッカーとは、色を指定する際に表示されるダイアログで、初期設定では「Adobe」カラーピッカーが用いられています。RGB、HSB、CMYK、Lad、Web といった色の定義で統合的に設定できるほか、[Webセーフカラー]や[色域外警告]といった色の校正機能も持っています。

続きを読む

基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【1】色の確認と変更方法

【Photoshop基本操作】描画色とは、面を塗りつぶしたり、線を描いたりする「指定色」のことで、背景色とは、面で消去したり、線で消去したりする「指定色」のことをいいます。これらの指定色は、さまざまなツールやパネルで設定することができます。

続きを読む