タグ別アーカイブ: コントラスト

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【Photoshop基本操作】CMYK カラーモード変換で失われた鮮やかな色は、RGB カラーモード変換だけでは再現できません。補正で彩度を高めようとすると、引き換えにコントラストが弱くなってしまい、思うような仕上がりに近付けるには大変苦戦します。そんなときは、Lab カラーモードを試してみましょう。今までの悩みが一気に解消できるかも?

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【4】トーンバランスの調整

【Photoshop基本操作】トーンバランスとは、最も暗い部分と最も明るい部分の調整を変えずに、その中間調のバランスを変えることで、画像全体を暗い印象にしたり、明るい印象にする調整のことをいいます。トーンバランスの調整は「中間点」で行います。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【3】最も明るい部分の調整

【Photoshop基本操作】最も暗い部分の調整ができたら、次は最も明るい部分の調整を「ハイライト点」で行います。ハイライト領域は、シャドウ領域よりも効果が出やすいので、ヒストグラムによるピクセル分布の詳細な確認と予測が必要です。「ハイライト点」では「白トビ」に注意しましょう。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【2】最も暗い部分の調整

【Photoshop基本操作】色調補正3つのポイント「シャドウ点」、「中間調点」、「ハイライト点」のうち、最も暗い部分の調整は「シャドウ点」で行います。最初に最も暗い部分の基準を決めることで、画像全体のトーンバランスを調整しやすくします。「シャドウ点」では「黒ツブレ」に注意しましょう。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【1】画像の状態を知る

【Photoshop基本操作】コントラストを高めるため、意味もわからずスライダーをいじくっていませんか? 色調補正の最強ツール[トーンカーブ]を使いこなすために、まず、[レベル補正]を用いて、「黒ツブレ」や「白トビ」といった、失敗をしない補正方法を学びましょう。

続きを読む