タグ別アーカイブ: オーバーレイ

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果を表現できます。[レンズ補正]の[周辺光量補正]を活用すれば、どんなドキュメントサイズでも簡単に作成できます。

続きを読む

【効果】シャープとボケを同時に調整する方法【ハイパス】

【効果】シャープとボケを同時に調整する方法【ハイパス】

【Photoshop基本操作】近くのものをハッキリと、遠くのものをボンヤリとさせたい場合、それぞれの領域でシャープとブラーを個別に適用することが考えられますが、ひとつの効果を利用して、自然な被写界深度を調整する簡単な方法があります。

続きを読む

【選択範囲】明るさの違いで選択範囲を自動作成する方法【演算】

【選択範囲】明るさの違いで選択範囲を自動作成する方法【演算】

【Photoshop基本操作】自動的な選択範囲の作成を大まかに分類すると、色の違い(色域)で選択する方法、明るさの違い(明度)で選択する方法があります。[自動選択ツール]などは、互いの要素から定式化した数値を持ち寄った中間的なものに属しますが、基本的には色に大きく影響する調整が用いられます。明るさの違いだけで選択範囲を自動作成しましょう。

続きを読む

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

【Photoshop講座】印刷物などに用いられる「ハーフトーン(ドット)」を誇張した表現方法は、写真をイラスト調にする技法としてよく使われています。大小のドットだけで構成される色彩や陰影は大変面白いですね。このハーフトーンの効果にプラスして、これもまたポピュラーな「ポスタリゼーション」を加えると、簡略化したディテールや階調で、おしゃれ度がアップします。

続きを読む

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

【Photoshop講座】画像を合成するとき、描画モードを設定すると、さまざまな結果が生成されます。異なる描画モードを片っ端から試してみるのもいいですが、描画モードの「中性色」を知っておくと、引き出しから取り出すスピードが速くなります。人物の肌にひび割れた土の画像を合成して、描画モードの特性を理解しましょう。

続きを読む