写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【5】

【Photoshop講座】パステル画の最大の特徴である「ホワイト」を加える作業を行います。人物のハイライト部分の「ホワイト」は、粗いタッチの [色鉛筆] を用い、大胆に仕上げましょう。



不透明な白色のハイライトをつくる!

パステルの特徴を活かせるのは白色です。本来ならブラシツールでゴシゴシと塗りつぶしたいところですが、作例は「写真を絵画調にする!」がテーマなので、フリーで描画するような操作はできるだけ避けています。しかし、この白色を表現するのは難しいです。写真の陰影を活かすと、どうしても生っぽくなってしまうからです。ちょっと面倒ですが、最初にハイライト部分を抽出したのはこのためです。
1   2   3   4   5

ハイライトの白色を加える

[レイヤー] パネルで、[背景 コピー 3] の [レイヤーを表示 / 非表示] をクリックします。
[背景 コピー 3] を選択して、効果を表示します。
[フィルターギャラリー] をダブルクリックして、[フィルターギャラリー] 操作パネルを表示します。
[フィルターギャラリー] をダブルクリック
[フィルターギャラリー] をダブルクリック

ダブルクリックで再編集!

スマートフィルターで適用したフィルター名をダブルクリックすると、そのフィルターのダイアログが表示され、再編集することができます。
[フィルターギャラリー] 操作パネルで、[アーティスティック] → [色鉛筆] を選択します。
[フィルターギャラリー] 操作パネル
[フィルターギャラリー] 操作パネル
[芯の太さ] に「8」、[筆圧] に「8」、[用紙の明るさ] に「50」を入力して、[OK] をクリックします。
[色鉛筆] を設定
[色鉛筆] を設定

このレッスンの動画を配信中!

【Photoshop講座】写真をイラスト調に!ダークなパステル画風風
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

[チャンネル] パネルを表示し、[アルファチャンネル 2] を [command (Ctrl)] キーを押しながらクリックして、ハイライトの選択範囲を作成します。
[command (Ctrl)] + クリック
[command (Ctrl)] + クリック

選択範囲を読み込む操作!

アルファチャンネルのサムネールを [command (Ctrl)] + クリックすると、白黒で塗りつぶされた白色の領域に選択範囲が作成されます。この操作方法は、レイヤー、レイヤーマスクでも使用できます。
[アルファチャンネル 2] の選択範囲が作成できました。
[アルファチャンネル 2] の選択範囲を作成
[アルファチャンネル 2] の選択範囲を作成
[レイヤー] パネルを表示し、[レイヤーマスクを追加] をクリックします。
[背景 コピー 3] にレイヤーマスクが作成されたことを確認します。
描画モードに [スクリーン] を選択します。
[不透明度] に「50%」を入力します。
[レイヤーマスクを追加] をクリック
[レイヤーマスクを追加] をクリック
ハイライトの白色を加えることができました。
ハイライトの白色を加えることができた
ハイライトの白色を加えることができた
背景のクラフト紙の前面にレイヤーを作成して、ブラシツールの [ハードパステル] などで描画を加えると、さらに効果的な演出ができます。
ハイライトを暗く補正
さらに効果的な演出が可能

適用度を不透明度で調整!

ハイライトの濃度は、[不透明度] で調整できます。描画モード [スクリーン] では、色相や彩度の効果が弱まるので、作例では設定していませんが、色を感じさせたくない場合は、[背景 コピー 3] の前面に [色相・彩度] 調整レイヤーをクリッピングして、彩度を落としてください。
1   2   3   4   5

スポンサード リンク