写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【2】

【Photoshop講座】切り抜いた人物の背景に、クラフト紙の画像を敷く作業を行います。ここでは、保存した選択範囲からレイヤーマスクを作成して切り抜く方法を取り、後の作業の合成をひとつのレイヤーマスクで効率的に行うため、グループを作成して適用します。



グループにレイヤーマスクを作成!

レイヤーマスクは、レイヤーに追加して、画像の不要な部分を透明にできる機能です。このレイヤーマスクは、グループにも作成することができます。グループにレイヤーマスクを作成すると、ひとつのレイヤーマスクで、複数のレイヤーに適用することができます。人物の切り抜きなど、詳細な境界線が求められる場合、レイヤマスクの修正を一括して行えるので効率的です。
1   2   3   4   5

人物の背景にクラフト紙を敷く

[レイヤー] パネルを表示し、クラフト紙の素材画像をコピー&ペーストします。
素材画像をコピー&ペースト
素材画像をコピー&ペースト

ドキュメントより大きな素材を使用!

背景に敷く画像は、元のドキュメントより大きな素材を選んでください。画像をコピー&ペーストすると、ドキュメントの左上が基準点になります。合成する画像に合わせ、大きさや位置を調整してください。
[レイヤー] パネルで、[新規グループを作成] をクリックします。
[グループ 1] が作成されたことを確認します。
[新規グループを作成] をクリックして [グループ 1] を作成
[新規グループを作成] をクリックして [グループ 1] を作成
[背景] を [新規レイヤーを作成] にドラッグして、[背景 コピー] を作成します。
[背景 コピー] をドラッグして、[グループ 1] の中に入れます。
作成した [背景 コピー] を [グループ 1] にドラッグ
作成した [背景 コピー] を [グループ 1] にドラッグ

グループとは?

グループを作成すると、複数のレイヤーが一括して管理できるようになります。作例では、元画像を保護する役割もあります。人物の背景に敷くクラフト紙の前面に、グループを配置しておきます。
[チャンネル] パネルを表示し、[アルファチャンネル 1] を [command (Ctrl)] キーを押しながらクリックして、人物の選択範囲を作成します。
[command (Ctrl)] + クリック
[command (Ctrl)] + クリック

選択範囲を読み込む操作!

アルファチャンネルのサムネールを [command (Ctrl)] + クリックすると、白黒で塗りつぶされた白色の領域に選択範囲が作成されます。この操作方法は、レイヤー、レイヤーマスクでも使用できます。
人物の選択範囲を作成
人物の選択範囲を作成
[レイヤー] パネルを表示し、[グループ 1] を選択します。
[レイヤーマスクを追加] をクリックして、レイヤーマスクを作成します。
人物の背景がクラフト紙になったことを確認したら、[背景 コピー] を選択します。
[レイヤーマスクを追加] をクリック
[レイヤーマスクを追加] をクリック

グループ内でマスクを共有!

グループにレイヤーマスクを作成すると、グループ内のすべてのレイヤーに、ひとつのマスクが共有できます。
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [シャドウ・ハイライト] を選択します。[シャドウ・ハイライト] ダイアログで、[量] に「100」% を入力して、[OK] をクリックします。
[シャドウ・ハイライト] を設定
[シャドウ・ハイライト] を設定
人物の影が明るくなりました。
人物の影を明るく補正する
人物の影を明るく補正する

暗い部分だけに適用!

[シャドウ] セクションの [量] 大きくすると、暗い部分だけが明るくなります。暗い部分とは、階調の 0 〜 128 レベルの範囲で、0 レベル、128 レベルはそのままクリッピングされ、25 〜 85 レベルをピークに滑らかな曲線で適用されます。
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   4   5

スポンサード リンク