写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風【2】

【Photoshop講座】4種類のフィルターを掛け合わせて、「印象派」風の粗いタッチをつくる作業を行います。[フィルターギャラリー] は、複数のフィルターをひとつの効果として操作できます。その組み合わせは自由自在。もちろん、追加や適用順の入れ替えもできます。



予測不能な効果を組み立てる!
[フィルターギャラリー] の組み合わせは自由自在。しかし、その効果は予測不能。目的もなく操作することは非効率です。ここでは、[ドライブラシ] の初期設定を基本に、色彩と変形の「下地」を組み合わせることを考えています。およその流れは、元画像から色彩や粒子を発生させ、それを変形させるフィルター [粒状] と [海の波紋] を適用し、[ドライブラシ] でタッチを付けています。
1   2   3   4

4種類のフィルターを掛け合わせる

[フィルター] メニューから、[スマートフィルター用に変換] を選択します。
[スマートフィルター用に変換] を確認
[スマートフィルター用に変換] を確認
スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。
[フィルター] メニューから、[フィルターギャラリー] を選択します。[テクスチャ] → [粒状] を選択します。
[フィルターギャラリー] で [粒状] を選択
[フィルターギャラリー] で [粒状] を選択
[粒子の種類] に [小斑点] を 選択します。[密度] に「0」、[コントラスト] に「25」を入力します。
[粒状] ダイアログを設定
[粒状] ダイアログを設定
[粒状] の [小斑点] を適用することで、鮮やかな色彩と輪郭線が強調できます。
[粒状] 適用後のプレビュー
[粒状] 適用後のプレビュー
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

[新しいエフェクトレイヤー] をクリックします。
[粒状] が複製されたことを確認します。
[新しいエフェクトレイヤー] をクリック
[新しいエフェクトレイヤー] をクリック
[粒子の種類] に [凝集] を選択します。[コントラスト] に「50」、[密度] に「75」を入力します。
2つめの [粒状] を設定
2つめの [粒状] を設定
[粒状] の [凝集] を適用することで、いろんな色を含む点描のような効果が生まれます。
2つめの [粒状] 適用後のプレビュー
2つめの [粒状] 適用後のプレビュー
[新しいエフェクトレイヤー] をクリックして、[粒状] を複製します。[変形] → [海の波紋] を選択します。[波紋の振幅数] に「15」、[波紋の大きさ] に「5」を入力します。
[海の波紋] ダイアログを設定
[海の波紋] ダイアログを設定
[海の波紋] を適用することで、風景の輪郭や詳細なディテールを崩します。
[海の波紋] 適用後のプレビュー
[海の波紋] 適用後のプレビュー
[新しいエフェクトレイヤー] をクリックして、[海の波紋] を複製します。[アーティスティック] → [ドライブラシ] を選択します。[ブラシサイズ] に「2」、[ブラシの細かさ] に「8」、[テクスチャ] に「1」を入力します。
[ドライブラシ] ダイアログを設定
[ドライブラシ] ダイアログを設定
[ドライブラシ] を適用することで、粗いランダムなタッチを作り出し、効果の無機質感を緩和させます。
[ドライブラシ] 適用後のプレビュー
[ドライブラシ] 適用後のプレビュー
[粒状] の [小斑点]、[粒状] の [凝集]、[海の波紋]、[ドライブラシ]、4種類のフィルターの掛け合わせを確認します。
[OK] をクリックします。
3種類のフィルターの掛け合わせを確認
4種類のフィルターの掛け合わせを確認
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   4

スポンサード リンク