写真を加工する!インスタグラム HUDSON風

写真を加工する!インスタグラム HUDSON 風【4】

【Photoshop講座】ビネット効果は、画像の周辺を暗くする演出方法ですが、「HUDSON」風は、ハイライト領域の青みを確保するため、全体を少し暗く調整しているので、中央を明るくすることでその効果を得ています。



中央を明るくするビネット効果!

画像の中央を明るくするには、特定の領域の明度を高くする必要があります。でも、レイヤーマスクを追加してグラデーションを作成するのも面倒ですね。ここでは、[レンズ補正] の [周辺光量補正] という機能を活用して、何度でも編集可能なビネット効果をつくり出します。白色で塗りつぶしたレイヤーを [スマートフィルター] に変換して、[周辺光量補正] を適用したら、描画モード [オーバーレイ] で重ねます。すると、中央にライトを当てたような効果が簡単につくれます。
1   2   3   4

画像の中央を明るくする

[レイヤー] パネルで、[新規レイヤーを作成] をクリックして、[レイヤー 1] を作成します。
[レイヤー 1] を作成
[レイヤー 1] を作成
[編集] メニューから、[塗りつぶし] を選びます。[使用] に [ホワイト] を選択して、[OK] をクリックします。[フィルター] メニューから、[スマートフィルター用に変換] を適用します。
[塗りつぶし] ダイアログで [ホワイト] を選択
[塗りつぶし] ダイアログで [ホワイト] を選択
スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。
[フィルター] メニューから、[レンズ補正] を選びます。[レンズ補正] 操作パネルで、[カスタム] を表示します。
[レンズ補正] 操作パネル
[レンズ補正] 操作パネル
[周辺光量補正] セクションの [適用量] に「-75」、[中心点] に「0」を入力します。
[周辺光量補正] を設定
[周辺光量補正] を設定
[レイヤー] パネルで、描画モードに [オーバーレイ] を設定します。
描画モードに [オーバーレイ] を設定
描画モードに [オーバーレイ] を設定
画像の中央が明るくなりました。
画像の中央が明るくなった
画像の中央が明るくなった
[レイヤー] パネルで、[不透明度] に「25%」を入力します。
[不透明度] に「25%」を入力
[不透明度] に「25%」を入力
[トーンカーブ] 適用前と適用後の比較
[トーンカーブ]、[レンズ補正] 適用前と適用後の比較
インスタグラム「HUDSON」風の写真加工ができました。
インスタグラム「HUDSON」風の写真加工ができた
インスタグラム「HUDSON」風の写真加工ができた
1   2   3   4

スポンサード リンク