【パターン】ゼロからつくる!アンモナイトの幾何学模様

【パターン】ゼロからつくる!アンモナイトの幾何学模様

【Photoshop講座】単純な図形を規則正しく並べたり重ねたりするだけで、幾何学模様は簡単に作成できます。でも、アンモナイトのような、らせん状の幾何学模様となると大変です。バウンディングボックスの[再実行]を利用すれば、正確な回転や縮小などを繰り返しながら連続複製が瞬時に行えます。


隠れたオプション機能!
変形の際に表示されるバウンディングボックスは、変形を確定するまでに複数の操作を組み合わせることができます。ひとつの図形を回転、縮小すれば、元の図形との位置にズレが生じます。変形後のコピーに同じ操作をして、このズレを繰り返していくと、らせん状の幾何学模様ができるワケです。しかし、このような複雑な操作は簡単ではありません。バウンディングボックスの隠れたオプション機能[再実行]を学びましょう。
らせん状の幾何学模様を描く
これから行う操作は、らせん状の幾何学模様を描く方法です。変形しても画質が劣化しないベクトル画像を用いて、最も単純な正円の図形から、アンモナイトのようならせん状のパターンを作成します。背面に古びた紙の素材画像を敷いて、画像合成により少しにじんだような光彩の効果を加えます。
正円のシェイプを作成→回転と縮小を同時に繰り返し連続複製
正円のシェイプを作成する
シェイプを作成する前に、ツールの環境設定を確認しておきましょう。[Photoshop CC(編集)]メニューから、[環境設定]→[ツール]を選択します。[環境設定]ダイアログで、[ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ]のチェックマークを外し、[OK]をクリックします。
チェックマークを外す
チェックマークを外す
ピクセルにスナップさせない!
シェイプの移動や変形をするとき、ピクセルグリッドにスナップすると、アンカーポイントの位置や方向線の角度が制限されるため、このオプションを無効にしておきます。シェイプを作成後、このオプションを有効に戻しても、アンカーポイントの位置や方向線の角度はそのまま保持されますが、移動や編集を加えると、ピクセルグリッドにスナップされるので注意が必要です。
[ファイル]メニューから、[新規]を選択し、[新規]ダイアログで、[幅]に「1280」pixel、[高さ]に「1280」pixel、[解像度]に「72」pixel/inchを設定して、[作成]をクリックします。
[新規]ダイアログを設定
[新規]ダイアログを設定
新しいドキュメントが作成できました。作例では標準ドキュメントを使用していますが、アートボードでも同様に作成することができます。
新しいドキュメントを確認
新しいドキュメントを確認
[ツール]パネルから、[楕円形ツール]を選択し、オプションバーで、[ツールモードを選択]に[シェイプ]を選択します。
[シェイプ]を選択
[シェイプ]を選択
ドキュメント内をドラッグして、適当な大きさの楕円形を作成します。
適当な大きさの楕円形を作成
適当な大きさの楕円形を作成
[属性]パネルで、[ライブシェイプの属性]を選択します。[バウンディングボックス]セクションの[W]に「640 px」、[H]に「640 px」、[X]に「32 px」、[Y]に「440 px」を設定します。[パスの操作]に[シェイプが重なる領域を中マド]を選択します。
[ライブシェイプの属性]を設定
[ライブシェイプの属性]を設定
すると、適当に作成したシェイプが正円になり、ドキュメントの左下に移動しました。[ライブシェイプの属性]では、選択されたシェイプの大きさや座標、塗りや線などの詳細な設定が行えます。
正円のシェイプに再設定する
正円のシェイプに再設定する
[シェイプが重なる領域を中マド]とは?
[シェイプが重なる領域を中マド]を選択すると、背面に作成したシェイプコンポーネントと、前面に作成したシェイプコンポーネントの重なり部分を中マド(空白)にします。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
基準点を移動して回転する
[command(Ctrl)]+[T]キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。基準点をドラッグして移動し、右上のハンドルにスナップします。
基準点をドラッグして移動
基準点をドラッグして移動
バウンディングボックスの基準点とは?
バウンディングボックスの基準点は、シェイプを回転するときの中心点になります。基本的には、9つの基準点の位置で操作しますが、バウンディングボックスの外側にも自由に配置することができます。
バウンディングボックスの外側を[shift]キーを押しながらドラッグして、反時計回りに-15°回転します。
[shift]+ドラッグで-15°回転
[shift]+ドラッグで-15°回転
[shift]キーの併用で15°単位の回転!
変形のバウンディングボックスを[shift]キーを押しながらドラッグすると、15°単位の回転ができます。15°の回転角度は、正円360°の1/24にあたり、12時間時計の目盛はその倍の30°です。8角形は45°、6角形は60°と覚えておけば、図形を書き起こすときに役立ちます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
変形を再実行して連続複製する
オプションバーで、[縦横比を固定]をクリックし、[水平比率を設定]に「93.5%」を入力し、[変形を確定]をクリック、または[enter]キーを押して、変形を確定します。
[水平比率を設定]に「93.5%」を入力
[水平比率を設定]に「93.5%」を入力
バウンディングボックスの表示、基準点の移動、15°回転、93.5%縮小を、一連の操作で行ってください。いずれかの途中で変形を確定した場合は、バウンディンングボックスの表示からやり直してください。
シェイプをわずかに縮小する
シェイプをわずかに縮小する
ライブシェイプが無効になる!
シェイプの変形を確定すると、「この操作を行うと、ライブシェイプが標準のパスに変わります。続行しますか?」というアラートが表示されます。これから行う操作には影響しないので、[はい]をクリックしてください。
警告アラート
警告アラート
それでは連続複製の操作を開始しましょう。操作は4つのキーを同時に押します。まず、[shift]キー、[option(Alt)]キー、[command(Ctrl)]キーを同時に押したままキープします。この3つのキーを押したままにしても、何の変化も起こりません。
3つのキーを押したままにする
3つのキーを押したままにする
変形の再実行は、3つのキーに加えて、[T]キーを押したときに実行されます。[shift]+[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+[T]キーを押すと、コピーしたシェイプが再実行され、[シェイプが重なる領域を中マド]でシェイプの重なりが操作されます。
[T]キーを押すと変形が再実行される
[T]キーを押すと変形が再実行される
[shift]+[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+[T]キーを繰り返し押して、変形を再実行しながら、シェイプを連続複製していきます。
連続複製3回めでシェイプが4つ
連続複製3回めでシェイプが4つ
元のシェイプから180°回転
元のシェイプから180°回転
元のシェイプから2週めの90°回転
元のシェイプから2週めの90°回転
ズームインで再実行!
中心点に近づくと見えにくくなるので、[command(Ctrl)]キーと[+]キーを押し、画面を400%程度に拡大表示して、変形の再実行を繰り返してください。[ズームツール]を選択すると、現在のシェイプの選択が解除されるので、[楕円形ツール]を選択して、シェイプの選択を確認してから、変形の再実行を繰り返してください。
[command(Ctrl)]+[+]で拡大表示
[command(Ctrl)]+[+]で拡大表示
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
シェイプカラーを変更する
[レイヤー]パネルで、[楕円形 1]をダブルクリックし、[カラーピッカー]ダイアログを表示します。
[楕円形 1]をダブルクリック
[楕円形 1]をダブルクリック
[カラーピッカー]ダイアログで、[H:41° S:80% B:61%]を設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
シェイプカラーを変更することができました。
シェイプカラー(初期設定「ブラック」)→シェイプカラーが変更できた
オプションバーでも変更できる!
シェイプのカラーは、オプションバーでも変更できます。[塗り]の[シェイプの塗りを設定]をクリックし、[べた塗り]をクリックして、[スウォッチ]のカラーチップをクリック、または[カラーピッカー]をクリックして、[カラーピッカー]ダイアログを表示します。
画像と合成して効果を加える
古びた紙の素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1280 pixel]、[高さ:1280 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。[command(Ctrl)]+[A]キーを押して、すべてを選択し、[command(Ctrl)]+[C]キーを押して、選択範囲をコピーします。
古びた紙の素材画像を開く
古びた紙の素材画像を開く
アンモナイトのドキュメントを表示し、古びた紙の画像を[command(Ctrl)]+[V]キーを押してペーストし、[command(Ctrl)]+[[]キーを押して、背面へ移動します。
ペーストした画像を背面へ移動
ペーストした画像を背面へ移動
[レイヤー]パネルで、[楕円形 1]を選択し、描画モードに[焼き込みカラー]を選択します。[レイヤースタイルを追加]をクリックし、メニューから[光彩(外側)]を選択します。
[光彩(外側)]を選択
[レイヤースタイル]ダイアログで、[構造]セクションの[描画モード]に[焼き込みカラー]を設定、[光彩のカラーを設定]をクリックし、[H:41° S:100% B:61%]を設定、[エレメント]セクションの[サイズ]に「5」pxを設定して、[OK]をクリックします。
[レイヤースタイル]ダイアログを設定
[レイヤースタイル]ダイアログを設定
素材画像と合成して効果を加えることができました。
背面に素材画像を敷く→素材画像と合成して効果を加えることができた
テキストなどの要素を加えるだけで、オシャレなグラフィックの出来上がり!
アンモナイトの幾何学模様が作成できた
アンモナイトの幾何学模様が作成できた
[焼き込みカラー]とは?
描画モードの[焼き込みカラー]は、前面(合成色)のレイヤーのカラーを反映し、背面(基本色)のレイヤーを暗くしてコントラストを高めます。中性色はホワイトで、重なっても影響しません。

スポンサード リンク