基本がわかる!新規画像の作成方法

基本がわかる!新規ドキュメントの作成・CC 2015(従来型)【2】任意のサイズで作成する

【Photoshop基本操作】新規ドキュメントを任意のサイズで設定するには、あらかじめ、画像解像度の知識が必要です。解像度の設定値を大別すると、印刷物用の 350 pixel/inch と、Web 用の 72 pixel/inch です。ここでは、プリセット [Photoshop 初期設定] から変更して、任意のサイズの「標準ドキュメント」を作成してみましょう。



画像の大きさをピクセルで知ろう!

長さの単位には、cm (センチメートル) や inch (インチ) がよく使われていますが、Photoshop で扱う「ビットマップ画像」は、ピクセル (画素) の集合体なので、その配列されている数を示した単位、pixle を基準として使われることが多いです。まず、頭の中を格子状に分割して、これから作成する「白いカンバス」を思い浮かべましょう。
1   2   3

任意のサイズで作成する(標準ドキュメント)

Photoshop 既存の「標準ドキュメント」を、任意のサイズで作成したい場合は、[ドキュメントの種類] に [カスタム] を選択します。[カスタム] を選択すると、カンバスを [背景] とした標準ドキュメントが作成されます。

[新規] ダイアログを表示する

[ファイル] メニューから、[新規] を選択します。すると、新規ドキュメントの設定が行える [新規] ダイアログが表示されます。[ファイル名] は、保存時でも設定できます。[ドキュメントの種類] の [プリセット]メニューをクリックします。
[新規]ダイアログ・[カスタム]を設定
[新規] ダイアログ
[ファイル] → [新規]
ショートカットキー : [command (Ctrl)] + [N]

[カスタム] を設定する

[プリセット] メニューから、[カスタム] を選択します。
[カスタム] を設定
[カスタム] を選択
ここでは、解説の便宜上 [カスタム] を選択しています。プリセットの設定に変更を加えると、自動的に [カスタム] へ変更されます。

[解像度] を設定する

[解像度] の [単位] を設定し、テキストボックスに任意の数値を入力します。
[解像度] を設定
[解像度] を設定
ここでは、[解像度] に「72」pixel/inch を設定しました。[カラーモード] と [ビット数] は、[RGB カラー]、[8 bit] に設定しておきます。

[単位] を設定する

[幅] または [高さ] の単位をクリックし、メニューから任意の単位を選択します。
単位をクリック
単位をクリック
[単位] を選択
[単位] を選択
ここでは、[単位] に [pixel] を選択しました。前の設定から [単位] を変更すると、[幅] と [高さ] の数値が連動して変更されます。

[幅] と [高さ] を設定して実行する

[幅] と [高さ] のテキストボックスをそれぞれクリックして、任意の数値を入力します。設定内容を確認したら、[OK] をクリックします。
[新規] ダイアログ・[幅] と [高さ] を設定
[幅] と [高さ] を設定
[新規] ダイアログ・[幅] と [高さ] を設定
[新規] ダイアログ
ここでは、[幅] に「1280」pixel、[高さ] に「720」pixel を設定しました。

解像度とは?

[新規] ダイアログの [解像度] とは、これから作成する新規画像の「密度」を設定するものです。これは「画像解像度」と呼ばれる、画像を構成する画素 (ピクセル) の密度を示すものです。ちょっと難しいですが、Photoshop で作業をするには、大変重要な設定項目です。慣れるまでは、パソコンの「画面解像度」と同じ設定(「72」pixel/inch、または「96」pixel/inch) にしておくことをオススメします。
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3

スポンサード リンク