タグ別アーカイブ: painterly

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風【4】

【Photoshop講座】これまでの加工画像を利用して、色むら塗り残しを表現する作業を行います。スマートオブジェクトに適用したフィルターを[塗料]に変更し、境界線を大胆にエフェクトできる[スパークル]を選択して、商業広告のイラスト風を仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風【3】

【Photoshop講座】カラーマーカー「コピック」のタッチを再現する作業を行います。イラストのタッチは限りなく、使用する画材もさまざまです。カラーマーカーの「コピック」は、インクの発色がよく手軽に描けるので、イラストレーションの現場ではよく使われています。

続きを読む

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風【2】

【Photoshop講座】切り抜いた人物の背景を白色にして、影だけを明るく補正する作業を行います。色調補正ツールの[シャドウ・ハイライト]は、画像を単に明るくしたり暗くしたりするだけでなく、設定したシャドウ部分、またはハイライト部分の領域で、それぞれを調整できる機能です。

続きを読む

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風【1】

【Photoshop講座】イラストレーションは、自己表現する芸術や美術とは違い、公共的な情報伝達を行うことが使命です。雑誌やポスターなどの情報媒体では、より印象的でわかりやすい効果が求められるので、紙面を彩るヴィジュアルイメージに、イラストレーションが用いられることも多いです。躍動的なスポーツ写真を、商業広告のイラスト風に加工してみましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真を絵画調に!ダークなパステル画風【5】

【Photoshop講座】パステル画の最大の特徴である「ホワイト」を加える作業を行います。人物のハイライト部分の「ホワイト」は、粗いタッチの[色鉛筆]を用い、大胆に仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真を絵画調に!ダークなパステル画風【4】

【Photoshop講座】人物にパステル画風のタッチをつける作業を行います。タッチと言っても、これは演出としての擬似的なものなので、少し誇張させた方が効果的です。タッチに使用する[色鉛筆]は、描画モード[ハードライト]で合成することを前提に設定します。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真を絵画調に!ダークなパステル画風【3】

【Photoshop講座】切り抜いた人物にポスタリゼーションの効果をつけます。ポスタリゼーションとは、階調数を設定することにより、色調を地図の等高線のように段階的に分ることができる機能です。写真をイラスト調に加工する代表的な手法として用いられています。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真を絵画調に!ダークなパステル画風【2】

【Photoshop講座】切り抜いた人物の背景に、クラフト紙の画像を敷く作業を行います。ここでは、保存した選択範囲からレイヤーマスクを作成して切り抜く方法を取り、後の作業の合成をひとつのレイヤーマスクで効率的に行うため、グループを作成して適用します。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真を絵画調に!ダークなパステル画風【1】

【Photoshop講座】「パステル」とは、顔料を棒状に固めた絵の具です。場所を選ばず手軽に描くことができるため、デッサンやスケッチに用いられる場合が多いです。白色が効果的に使えるクラフト紙を背景にして、写真の人物をダークな色調のパステル画風に仕上げましょう。作例には、人物の簡単な切り抜き方や、アルファチャンネルの活用方法も含まれています。

続きを読む

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【5】

【Photoshop講座】ルネッサンス期の壁画をイメージした、重厚で落ち着いた色調に補正する作業を行います。補正には比較的に簡単で理解しやすい[色相・彩度]と[カラーバランス]を用い、ひび割れたテンペラ画風を仕上げましょう。

続きを読む