タグ別アーカイブ: Image Adjustments

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

【Photoshop講座】写真ではわかりにくい部分を精密に描き出す「テクニカル・イラストレーション」は、自動車や家電製品などの技術的な情報を、視覚的に伝達するための技法です。カーマニアの興味をグッと掴むポイントは、シャープなシルエットと克明な陰影。写真の生っぽさを消し、エアブラシで描かれたような精悍なタッチで仕上げましょう。

続きを読む

【効果】画像の周りをぼかしてクローズアップする【虹彩絞りぼかし】

【効果】画像の周りをぼかしてクローズアップする【虹彩絞りぼかし】

【Photoshop基本操作】写真の一部に焦点を合わせた効果は、それ以外の領域が大きくぼけるので主体が強調できます。しかし、被写界深度を浅く撮影するには、それなりの機材とテクニックが必要です。画面四隅が暗くなる「ビネット効果」も加え、レトロなカメラで撮影した写真のように加工しましょう。

続きを読む

【色調補正】カラー写真をクールなモノクロにする【白黒】

【色調補正】カラー写真をクールなモノクロにする【白黒】

【Photoshop基本操作】カラー写真をモノクロにする場合、最も簡単な方法である[彩度を下げる]を適用すると、印象的な赤い唇が薄くなってしまったり、肌の陰影が暗く荒れてしまうことがあります。これは、単にカラー情報が破棄され、明度の情報だけでグレースケールが構成されるためです。詳細な設定ができる[白黒]で、クールなモノクロに仕上げましょう。

続きを読む

【色調補正】緑の葉を秋らしく紅葉させる【色相・彩度】

【色調補正】緑の葉を秋らしく紅葉させる【色相・彩度】

【Photoshop基本操作】色の属性には、色相、彩度、明度があります。これらは数値によって表されます。それぞれの数値が関係し合って、ひとつの色が作られています。しかし、色変換の一般的な認識は、簡単な操作で大きく変わる「色相」だけで済まされていることが多いです。緑の葉を2つの色の系統に分けて、違和感のない鮮やかな紅葉に変えてみましょう。

続きを読む

基本がわかる!色かぶりの補正

基本がわかる!色かぶりの補正【3】トーンカーブで除去する

【Photoshop基本操作】色かぶりの原因やホワイトバランスのしくみが理解できたら、画像補正の最強ツール[トーンカーブ]に挑戦してみましょう。[トーンカーブ]には、[自動カラー補正オプション]という機能があり、難しい操作をしなくても、対象画像に適した設定を自動的に行ってくれます。

続きを読む

基本がわかる!色かぶりの補正

基本がわかる!色かぶりの補正【2】Camera Rawで除去する

【Photoshop基本操作】色かぶり補正の裏技的な方法がコレです。しかも、何の調整もすることなく、ワンクリックで除去できるほどの能力があります。「Camera Raw」を用いて、一般的な JPEG 形式の画像を補正してみましょう。

続きを読む

基本がわかる!色かぶりの補正

基本がわかる!色かぶりの補正【1】ホワイトバランスと色温度

【Photoshop基本操作】写真全体の色調が、特定の色に偏っていることを「色かぶり」といいます。撮影時の「光源の色の違い」で起こる現象なので、光の三原色「RGB」のバランスを整えれば、このような「色かぶり」は除去できます。[Camera Raw]で除去する方法と、[トーンカーブ]で除去する方法から、その原因と補正方法を学びましょう。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【4】トーンバランスの調整

【Photoshop基本操作】トーンバランスとは、最も暗い部分と最も明るい部分の調整を変えずに、その中間調のバランスを変えることで、画像全体を暗い印象にしたり、明るい印象にする調整のことをいいます。トーンバランスの調整は「中間点」で行います。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【3】最も明るい部分の調整

【Photoshop基本操作】最も暗い部分の調整ができたら、次は最も明るい部分の調整を「ハイライト点」で行います。ハイライト領域は、シャドウ領域よりも効果が出やすいので、ヒストグラムによるピクセル分布の詳細な確認と予測が必要です。「ハイライト点」では「白トビ」に注意しましょう。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【2】最も暗い部分の調整

【Photoshop基本操作】色調補正3つのポイント「シャドウ点」、「中間調点」、「ハイライト点」のうち、最も暗い部分の調整は「シャドウ点」で行います。最初に最も暗い部分の基準を決めることで、画像全体のトーンバランスを調整しやすくします。「シャドウ点」では「黒ツブレ」に注意しましょう。

続きを読む