タグ別アーカイブ: 選択とマスク

【選択範囲】基本図形を組み合わせて切り抜く【パス】

【選択範囲】基本図形を組み合わせて切り抜く【パス】

【Photoshop基本操作】パスを最初から描画することは難しいですが、コーヒーカップのような形状なら、基本図形を組み合わせるだけで簡単に作成できる場合もあります。滑らかで明瞭な曲線を持つオブジェクトを、すばやくきれいに切り抜くメリットもあります。パスの基本的な機能と操作を学びましょう。

続きを読む

【選択範囲】オブジェクトの境界線を選択する【クイック選択ツール】

【選択範囲】オブジェクトの境界線を選択する【クイック選択ツール】

【Photoshop基本操作】特定のオブジェクトだけを選択したい場合は、色や明るさの違いでアプローチしていくと効率的です。境界線を自動的に検知してくれる[クイック選択ツール]を使用して、詳細な切り抜きにも対応できる選択範囲を、どのように作成していくかを学びましょう。

続きを読む

切り抜きを極める!境界線を調整する方法10選

切り抜きを極める!境界線を調整する方法10選

【Photoshop基本操作】切り抜きの良し悪しは境界線の処理で決まります。しかもそれは、0.5 ピクセルという繊細な範囲で行われるものです。ひとつの切り抜き作業に対して、いろいろな方法を組み合わせて完成させることが前提ですが、どんな方法があるのか? それを知らなきゃ始まらないこともあるかと思います。その代表的な境界線を調整する方法の概要をご紹介しましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【5】

【Photoshop講座】パステル画の最大の特徴である「ホワイト」を加える作業を行います。人物のハイライト部分の「ホワイト」は、粗いタッチの[色鉛筆]を用い、大胆に仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【4】

【Photoshop講座】人物にパステル画風のタッチをつける作業を行います。タッチと言っても、これは演出としての擬似的なものなので、少し誇張させた方が効果的です。タッチに使用する[色鉛筆]は、描画モード[ハードライト]で合成することを前提に設定します。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【3】

【Photoshop講座】切り抜いた人物にポスタリゼーションの効果をつけます。ポスタリゼーションとは、階調数を設定することにより、色調を地図の等高線のように段階的に分ることができる機能です。写真をイラスト調に加工する代表的な手法として用いられています。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【2】

【Photoshop講座】切り抜いた人物の背景に、クラフト紙の画像を敷く作業を行います。ここでは、保存した選択範囲からレイヤーマスクを作成して切り抜く方法を取り、後の作業の合成をひとつのレイヤーマスクで効率的に行うため、グループを作成して適用します。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【1】

【Photoshop講座】「パステル」とは、顔料を棒状に固めた絵の具です。場所を選ばず手軽に描くことができるため、デッサンやスケッチに用いられる場合が多いです。白色が効果的に使えるクラフト紙を背景にして、写真の人物をダークな色調のパステル画風に仕上げましょう。作例には、人物の簡単な切り抜き方や、アルファチャンネルの活用方法も含まれています。

続きを読む