タグ別アーカイブ: 解像度

基本がわかる!新規ドキュメントの作成・CC 2017

基本がわかる!新規ドキュメントの作成・CC 2017

【Photoshop基本操作】新規ドキュメントとは、絵を描く前に用意する白いカンバスのようなものです。Photoshop を起動して、いちばん最初に行う操作でもあります。[新規ドキュメント]ダイアログでは、ファイル名やドキュメントサイズ、解像度などを設定します。

続きを読む

基本がわかる!画像の開き方

基本がわかる!画像の開き方【3】Bridge から画像を開く

【Photoshop基本操作】Bridge から画像を開くと、作成日やファイルサイズ、解像度などの情報が表示できます。デジタルカメラの画像なら、撮影データも表示できるので、露出やシャッタースピードなどの違いを比べながら選定することも可能です。

続きを読む

基本がわかる!画像の開き方

基本がわかる!画像の開き方【2】スマートオブジェクトとして開く

【Photoshop基本操作】スマートオブジェクトとは、Photoshop のファイルや「Adobe Illustrator」のファイルなどから、ビットマップ画像やベクトル画像のデータをドキュメントに埋め込むことができる機能です。[スマートオブジェクトとして開く]は、新規画像をスマートオブジェクトで作成する場合に用います。

続きを読む

基本がわかる!画像の開き方

基本がわかる!画像の開き方【1】PDF ファイルを開く

【Photoshop基本操作】PDF ファイルとは、電子文書のためのフォーマット(ファイル形式)で作成されたファイルです。Photoshop で PDF ファイルを開くと、文字や画像を含んだページ(レイアウト紙面)が、ひとつのビットマップ画像として読み込まれます。

続きを読む

基本がわかる!新規画像の作成方法

基本がわかる!新規ドキュメントの作成・CC 2015(従来型)【3】詳細の設定

【Photoshop基本操作】[新規]ダイアログには、[詳細]という設定項目があります。主にドキュメントの[カラープロファイル]を設定する場合に用います。

続きを読む

基本がわかる!新規画像の作成方法

基本がわかる!新規ドキュメントの作成・CC 2015(従来型)【2】任意のサイズで作成する

【Photoshop基本操作】新規ドキュメントを任意のサイズで設定するには、あらかじめ、画像解像度の知識が必要です。解像度の設定値を大別すると、印刷物用の 350 pixel/inch と、Web 用の 72 pixel/inch です。ここでは、プリセット[Photoshop 初期設定]から変更して、任意のサイズの「標準ドキュメント」を作成してみましょう。

続きを読む

基本がわかる!新規画像の作成方法

基本がわかる!新規ドキュメントの作成・CC 2015(従来型)【1】プリセットで作成する

【Photoshop基本操作】[新規]コマンドとは、「新しいドキュメント」を作成するためのコマンドです。新しいドキュメントとは、絵を描く前に用意する白いカンバスのようなもの。[新規]ダイアログでは、ファイル名や画像サイズ、解像度などを設定します。

続きを読む