タグ別アーカイブ: 明るさ・コントラスト

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【4】トーンバランスの調整

【Photoshop基本操作】トーンバランスとは、最も暗い部分と最も明るい部分の調整を変えずに、その中間調のバランスを変えることで、画像全体を暗い印象にしたり、明るい印象にする調整のことをいいます。トーンバランスの調整は「中間点」で行います。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【3】最も明るい部分の調整

【Photoshop基本操作】最も暗い部分の調整ができたら、次は最も明るい部分の調整を「ハイライト点」で行います。ハイライト領域は、シャドウ領域よりも効果が出やすいので、ヒストグラムによるピクセル分布の詳細な確認と予測が必要です。「ハイライト点」では「白トビ」に注意しましょう。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【2】最も暗い部分の調整

【Photoshop基本操作】色調補正3つのポイント「シャドウ点」、「中間調点」、「ハイライト点」のうち、最も暗い部分の調整は「シャドウ点」で行います。最初に最も暗い部分の基準を決めることで、画像全体のトーンバランスを調整しやすくします。「シャドウ点」では「黒ツブレ」に注意しましょう。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【1】画像の状態を知る

【Photoshop基本操作】コントラストを高めるため、意味もわからずスライダーをいじくっていませんか? 色調補正の最強ツール[トーンカーブ]を使いこなすために、まず、[レベル補正]を用いて、「黒ツブレ」や「白トビ」といった、失敗をしない補正方法を学びましょう。

続きを読む

基本がわかる!色調補正の考え方

基本がわかる!色調補正の考え方【3】ヒストグラムの読み方

【Photoshop基本操作】ヒストグラムとは、画像内のピクセル分布を、明るさのレベル別にグラフ化したものです。画像内の階調をすばやく識別することによって、適切な補正を行うことに役立ちます。

続きを読む

基本がわかる!色調補正の考え方

基本がわかる!色調補正の考え方【2】色調補正3つのポイント

【Photoshop基本操作】色調補正3つのポイントとは、「シャドウ」、「中間調」、「ハイライト」です。最も暗い部分と明るい部分、そして、その間の段階的な暗さや明るさ。この3つのポイントは、Photoshop の色調補正ツールで頻繁に使われています。画像を補正するときは、これらのポイントを意識して取り組みましょう。

続きを読む

基本がわかる!色調補正の考え方

基本がわかる!色調補正の考え方【1】色調補正ツールの種類

【Photoshop基本操作】色調補正とは、画像データをイメージどおりに調整することです。でも、「どのツールを選べばいいの?」とか、「使い方がわからない」と思っている人も多いはず。スライダーをいじくる前に、ほんのちょっと、色調補正のポイントや原理を知っておきましょう。正確な補正を効率よく、ツールを自由に操るために!

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム 1977 風

写真を加工する!インスタグラム 1977 風【3】

【Photoshop講座】極端な色調変化には違和感がつきものです。中でも人の肌色は、最も気を付けなければなりません。本来なら好ましくない「色かぶり」を擬似的に発生させるテクニックで、「1977」の色あせた効果を完成させましょう。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム 1977 風

写真を加工する!インスタグラム 1977 風【2】

【Photoshop講座】「1977」の最大の特徴は、写真プリントの色あせた表現です。彩度を弱めればどんどん色あせていきますが、それでは単調でつまらないものになってしまいます。元画像のカラー情報を大いに活用して、おしゃれで深みのある色調をキープしましょう。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム 1977 風

写真を加工する!インスタグラム 1977 風【1】

【Photoshop講座】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「Instagram」。その多彩なフィルターの中から、色あせた写真プリントのような「1977」を再現してみましょう。「1977」は、元の白地を黄色く変色させながら、青色の退色により全体を赤みがかった印象にできます。人の肌色の生命感をそのままに、寒色系が極端に抑えられるので、髪の毛などの暗い色のトーンが淡く茶色になります。「Instagram」の中でも、効果が強いフィルターのひとつです。

続きを読む